商品パッケージの予算は販売価格の何%が適正?

公開日:2019年05月20日(月)15:23|貼り箱

パッケージの意味をどう考えるか
包装資材?、それともブランディング?

お客様から、よく聞かれる質問です。
結論からいうと予算感に正解はなく、最終的には販売価格(上代)の何パーセントが適正という概念では決まりません。
何故なら、企業のパッケージに対しての考え方、価値観が違うからです。

もちろん作るロット数、そして何より商品価格によって大きく変わってきます。
貼り箱だと以前なら、販売価格(上代)の5〜8%くらいと言われる時代もありました。
これも、商品価格によって違います。例えば販売価格5,000円と50,000円の商品では、同じ「5%」でも一つは250円、もう一つは2,500円となります。
正直5万円の商品でロット数が多ければ(数が少ないとまた話はべつですが)、箱代に2,500円は中々出してはもらえません。高価な商品になるほど、箱予算のパーセントは低くなります。

弊社でも、お客様によってかなりこの感覚は違います。
「箱は、あくまでもコスト。安いに越したことはない」方にとっては、少しでも安い方がいいと考えます。1万円くらいの商品で、箱代は2、300円という方も問い合わせが来ます。それだと、箱代は2〜3%ほど。

もちろんかなり高額な商品の場合は、同じ「3%」でも意味が違ってきます。
以前作らせていただいた案件で、ご注文いただいたロット数が100個の貼り箱がありました。正確には、貼り箱の中にある付属品がいくつか入ってセットになっていたので、貼り箱「100セット」でした。
内容の詳細については公開できないのですが、その商品の販売価格は数十万円。お話をいただいて弊社から貼り箱の仕様についてご提案をさせていただき、同時に競合他社があったのですがご注文をいただきました。

企画・デザイン、サンプル製作、木型代、凸版代、貼り箱(100セット)など、製作費全部で約250万円。貼り箱(100個セット)としては、かなり大きな案件でしたが、単純計算で商品価格のおよそ3%くらいです。

かといって、安価な商品でなくても「予算をもう少しお願いします」ということもあります。価格10万円くらい商品で、当初予算が500円まで(箱代は、〜0.5%)。それは流石に、もう少し予算をみていただきたい案件。それは先方の営業、企画、デザイナーの方々と協議を重ね7〜800円までアップしていただきました(それでも、1%未満)。

これとは逆で、ものすごくパッケージ、化粧箱を重要視してお金をかける会社もあります。
上代10,000円の商品で、貼り箱1,500円〜2,000円近く予算をかける企業があります。
たまに「ホントに、こんなにかけて大丈夫ですか?」と、思わずこちらが心配になるケースもあります。それは個人でネット販売をされているお客様でしたが、5,000円くらいの商品で貼り箱が約1,500円。パッケージ率が30%です。これは流石に、私も「ホントにいいんですか?」と何度も念押しをしました。それでもものすごく喜んでいただいたので、私もホッとした次第でした。これはかなり思い切ったというか常識的ではないですが、そのくらいパッケージ(貼り箱)に対して思い入れのある方がおられます。

ここはその企業によって、価値観の違いが大きく現れます。
どれが正解というのは、正直ありません。

一つの目安として貼り箱で考えるなら、販売価格(上代)の5〜8%、もしくは10%くらいでしょう。
あとは、商品パッケージをあくまでも「包装資材」と考えるのか。パッケージを商品や、企業ブランドとしての「ブランディング」の一つと捉えるのかの違いです。

パッケージによる魅せ方で価値が変わる

いろんな考え方があるとは思いますが、確実に言えることは同じ商品でも入っている化粧箱、パッケージによって見え方、魅せ方、そして価値が変わるということです。

以前、弊社で企画・デザイン、製作させていただいた業務用ソフトウェア・パッケージで、新デザインの貼り箱に変えて、売上が数億円アップしたケースが実際にあります。そのくらい、パッケージの良し悪しが商品やブランド価値、そして売上にも影響します。

この機会に新企画の商品パッケージ、あるいは既存商品のパッケージを見直してみるのもいいかもしれませんね。

<貼り箱士のブログ>  https://www.hakoya.biz/blog/
<目的から作例を探す> https://www.hakoya.biz/item/
<作例を写真で探す>  http://www.hakoya.biz/item/gallery.html
<お問い合わせ>    https://www.hakoya.biz/inquiry/

(まずは、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)

「感謝の気持ち」チョコレート貼り箱&ブランディングプロデュース
 https://www.hakoya.biz/item/bottle/item_919.html

商品パッケージの予算は販売価格上代の何%、魅せ方で価値が変わる
商品パッケージの予算は販売価格上代の何%、魅せ方で価値が変わる

★“包む”を、新しい“価値”へ。オリジナル貼り箱企画製造★
「モノ」を包むんじゃない。「価値」を包むんだ。

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)