“包む”を、新しい“価値”へ。ブランド価値を高める貼り箱の企画・製造

お客様の心を動かし、購買に結びつける貼り箱。
モノを包むんじゃない。 価値を包むんだ。

私たちが創る貼り箱は、決して華やかなものではありません。
めざすのは「洗練された普通」。
シンプルで調和のとれたデザインは、凛とした美しさを持っています。
決して目新しさや派手さはありませんが、10年、20年経っても古さを感じさせない美しさです。

村上紙器工業所 代表 村上 誠

意思を運ぶ箱。箱にもいろいろありまして。わたしたちが作っているのは「貼り箱」と呼ばれる、少し高価(箱にしてはね)な箱です。可愛いお菓子、高級な化粧品、腕時計、ギフト商品など…さまざまなものが入ります。でも、ですね。わたしたちが作りたいのは、ものを入れるだけの箱ではありません。ご依頼主の意志を、世の中に向けて表現する存在でありたいのです。わたしはこんな想いを持ったこんな人ですよという“イメージ”も一緒に運ぶ箱。(作っているのは、ブランドイメージです。)貼り箱以上。村上紙器工業所

クリエイティブネットワークセンター大阪メビック(公益財団法人大阪産業局)のWEBサイトに、弊社ステイトメント(企業理念)「意思を運ぶ箱。」が出来た背景を掲載していただきました。

<メビック発コラボレーションの事例紹介>
ある日、コピーライター田中有史が、
町工場のキャッチコピーを勝手に作った件

<持続可能なパッケージ>

私たちがつくる貼り箱は、サステナブル(持続可能:Sustainable)パッケージといえます。
紙器に使われる板紙・チップボールは古紙(新聞紙や段ボールなど)配合率100%で、貼り箱の中芯となる片白(もしくは両白)チップボールは表層のみ白色(パルプ)でつくられています。
詳細は、こちらをご覧ください。

事業所名

村上紙器工業所

所在地

大阪市西成区天神ノ森1丁目19-8(map
電話:06-6653-1225
FAX:06-6653-1925

URL

https://www.hakoya.biz/

E-mail

info@hakoya.biz

代表者

村上 誠
代表者プロフィール
<“色気”や“艶”....感性に響く品質とは?>
<商品パッケージによるブランド価値の差異化>
<一見、ムダなことが実は役に立つ?>

ブランドコンセプト

センスを、包む! それが、村上紙器の貼り箱クオリティー。
(ブランドコンセプト開発プロセスの詳細は、
「開発プロセスのストーリー」をご覧ください。)

<村上紙器工業所の3つの価値>

●自社・自身の独自センスを商品・サービスに、共にキッチリ込めてくれるパッケージ製作会社と出会いたいと考える企業・個人のためになりたい、という独自ポリシー

●独自ポリシーに基づき、クライアントのセンスをキッチリ、ヒアリングし、意図を受け止め(理解し)、キッチリ、センスを包み込める貼箱を提案する事ができる企画・提案力

●独自ポリシーと企画・提案力をもって、クライアントのセンスを職人一人ひとりの手で包んでいく手仕事職人力

クリエイティブ
パートナー

アートディレクター 浪本浩一(株式会社ランデザイン)
弊社ホームページ及び会社案内のディレクション、デザインをしていただきました。

グラフィックデザイナー 牧野博泰(ヴィジュアル計画 mare)
弊社ロゴ及び名刺のデザインをしていただきました。

グラフィック/着物デザイナー・コラージュアーチスト 茶谷博子(KOKORU DESIGN)
弊社のオリジナルTシャツをデザインしていただきました。

従業員

5名

取引銀行

三菱東京UFJ銀行 玉出支店
永和信用金庫 山王支店
尼崎信用金庫 昭和町支店
大阪信用金庫 岸ノ里支店

加盟団体

・NCネットワーク
・扇町マテリアル会議

その他

<お客様ご利用規約>
ご利用いただく前に、必ずお読みください。
当社サイトをご利用されるお客様は、この「お客様ご利用規約」に同意されたものとします。

<特定商取引に関する法律に基づく表示>
<個人情報の取扱いについて>

弊社リーフレット(A4サイズ)
こちらからダウンロードできます。

<メディア掲載>
ある日、コピーライター田中有史が、町工場のキャッチコピーを勝手に作った件(クリエイティブネットワークセンター大阪メビック)
パッケージ(貼箱)戦略におけるブランド・ストーリー(包装タイムス)
チョコレート専門店ブランディング(メビック扇町)
自社ブランドの見える化へ(包装タイムス)
差別化への挑戦〜見えない "コト" を "カタチ" にする(月刊カートン・ボックス)
ココイロ(朝日放送)

事業概要

・手加工による自動化ラインでは出来ない貼り箱の製造販売。
・素材は紙だけでなく、ビニールクロスや布クロス貼り。
・その他、一般的な貼り箱の製造販売。
・企業ブランディング。

製品の最終形態

・各種ブライダル用ケース
 (DVD/CD/USBメモリケ、芳名帳、アルバム)
・お酒の箱、ワインボックス
・珈琲ギフト、腕時計、写真集、グラスの箱
・各種ギフト用オリジナルパッケージ(貼り箱、印刷紙器)
・高級美容/化粧品のパッケージ
・生花/ドライフラワーのギフトパッケージ
・高級オーディオアクセサリー箱
・ソフトウエアのパッケージ
・各種精密機器の貼り箱
・シューズボックス(靴箱)
・和紙名刺の貼り箱
・一般貼り箱(C式、インロー式、ブック式など)

ブランド価値を伝えるパッケージ(貼り箱)プレゼンテーション

沿革

昭和27年:初代村上勝基が大阪市阿倍野区に創業
昭和38年:村上卓司が代表者になる
昭和53年:現在の大阪市西成区へ移転
     糊付け機、折り込み機などを導入
昭和61年:断裁機(勝田、巾1,050mm)を導入
平成 8年:新型断裁機(勝田、巾1,150mm)に更新
平成 9年:自動罫線機を導入
     Macを導入
平成12年:自社ホームページを開設
平成17年:村上誠が代表者になる
平成21年:本サイトを完全リニューアル
     <ウェブサイトリニューアルに向けて>
     アートディレクター:浪本浩一氏
平成30年:9年ぶりにサイトを全面リニューアル(モバイル対応)
平成31年:サイトのインターフェイス改良
     <コピー1本あれば差異化できる。>
     コピーライター:田中有史氏
     <業界の斜め上を行く感性に訴えるデザイン>
     アートディレクター:浪本浩一氏

実績及び取引先

ファナック株式会社 / 綜合警備保障株式会社近畿警送支社 / シャープ株式会社 通信システム事業本部デザインセンター /大阪府商工労働部商工振興室 / 積水化学工業株式会社 環境・ライフラインカンパニー / 株式会社中川政七商店 / 株式会社三英商会 / 大三興業株式会社 / 石塚産業株式会社 / 株式会社オカモト / 株式会社濱田紙業 / 大和出版印刷株式会社 / 大阪紙器工業株式会社 / 廣川株式会社 / 友井工芸 / スポーツクラブNAS株式会社 / 東洋物産株式会社 / 大阪樟蔭女子大学 / 和紙商小野商店 / 泉広印刷 / キスギ産業 / 三栄ケース工業株式会社 / スポーツクラブNAS株式会社 / ハタノワタル / 株式会社ウエスト / 株式会社レーザー計測 / FLEX株式会社 / エイブリィ・デニソン・ジャパン株式会社 / ライディック株式会社 / ディレクションミグ株式会社 / Tobutsu America Corporation / 株式会社八木アートマネジメント/ ヴィジュアル計画mare / 株式会社ゼペッツデザイン / LEXIA Inc. / 株式会社スコップ・ミュージック / エイブリィ・デニソン・ジャパン株式会社 / カシミヤ・キャメルヘア工業会 / langDesign co.,ltd / DRIVE,inc. / KPlant Co., Ltd. / Zanden Audio Systems Ltd.
その他(順序不同)

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)