会社概要

“包む”を、新しい“価値”へ。
ブランド価値を高める貼り箱の企画・製造

私たちが創る貼り箱は、決して華やかなものではありません。
めざすのは「洗練された普通」。
シンプルで調和のとれたデザインは、凛とした美しさを持っています。

決して目新しさや派手さはありませんが、10年、20年経っても古さを感じさせない美しさです。
贈った人といただいた人の、心をつなぐかけ橋に。
これからもお客様の「五感に響くパッケージ」をつくり続けたいと考えております。

お客様の心を動かし、購買に結びつける貼り箱。
モノを包むんじゃない。 価値を包むんだ。

村上紙器工業所 代表 村上 誠

事業所名村上紙器工業所
所在地大阪市西成区天神ノ森1丁目19-8(アクセス
連絡先TEL:06-6653-1225
FAX:06-6653-1925
E-mail:info@hakoya.biz
Webサイトhttps://www.hakoya.biz/
代表村上 誠(プロフィール)
従業員数5名
事業概要・手加工による自動化ラインでは出来ない貼り箱の製造販売。
・素材は紙だけでなく、ビニールクロスや布クロス貼り。
・その他、一般的な貼り箱の製造販売。
・企業ブランディング。
製品の最終形態・各種ブライダル用ケース(DVD/CD/USBメモリケ、芳名帳、アルバム)
・お酒の箱、ワインボックス
・珈琲ギフト、腕時計、写真集、グラスの箱
・各種ギフト用オリジナルパッケージ(貼り箱、印刷紙器)
・高級美容/化粧品のパッケージ
・生花/ドライフラワーのギフトパッケージ
・高級オーディオアクセサリー箱
・ソフトウエアのパッケージ
・各種精密機器の貼り箱
・シューズボックス(靴箱)
・和紙名刺の貼り箱
・一般貼り箱(C式、インロー式、ブック式など)
沿革昭和27年:初代村上勝基が大阪市阿倍野区に創業
昭和38年:村上卓司が代表者になる
昭和53年:現在の大阪市西成区へ移転
     糊付け機、折り込み機などを導入
昭和61年:断裁機(勝田、巾1,050mm)を導入
平成 8年:新型断裁機(勝田、巾1,150mm)に更新
平成 9年:自動罫線機を導入
     Macを導入
平成12年:自社Webサイトを開設
平成17年:村上誠が代表者になる
平成21年:Webサイトリニューアル
平成30年:Webサイトのモバイル対応
実績及び取引先ファナック株式会社 / 綜合警備保障株式会社近畿警送支社 / シャープ株式会社 通信システム事業本部デザインセンター /大阪府商工労働部商工振興室 / 積水化学工業株式会社 環境・ライフラインカンパニー / 株式会社中川政七商店 / 株式会社三英商会 / 大三興業株式会社 / 石塚産業株式会社 / 株式会社オカモト / 株式会社濱田紙業 / 大和出版印刷株式会社 / 大阪紙器工業株式会社 / 廣川株式会社 / 友井工芸 / スポーツクラブNAS株式会社 / 東洋物産株式会社 / 大阪樟蔭女子大学 / 和紙商小野商店 / 泉広印刷 / キスギ産業 / 三栄ケース工業株式会社 / スポーツクラブNAS株式会社 / ハタノワタル / 株式会社ウエスト / 株式会社レーザー計測 / FLEX株式会社 / エイブリィ・デニソン・ジャパン株式会社 / ライディック株式会社 / ディレクションミグ株式会社 / Tobutsu America Corporation / 株式会社八木アートマネジメント/ ヴィジュアル計画mare / 株式会社ゼペッツデザイン / LEXIA Inc. / 株式会社スコップ・ミュージック / エイブリィ・デニソン・ジャパン株式会社 / カシミヤ・キャメルヘア工業会 / langDesign co.,ltd / DRIVE,inc. / KPlant Co., Ltd. / Zanden Audio Systems Ltd.
その他(順序不同)
取引銀行三菱東京UFJ銀行 玉出支店
永和信用金庫 山王支店
尼崎信用金庫 昭和町支店
大阪信用金庫 岸ノ里支店

素敵な商品を前に、パッケージに悩んでいらしゃるお客様へ

同じ思いで、ご相談いただいた事例がここにたくさんあります。<作品ギャラリー>もご覧になってください。化粧箱は売上にとって大切な存在なのです。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。

担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)