貼箱のブレンダー:「貼箱士」村上誠のブログ

<UXデザイン>貼り箱で、体験をデザインする。

2018年09月20日(木)|デザイン

UXとは「ユーザーエクスペリエンス:User Experience」、直訳すると「顧客体験」のことです。

つまり貼り箱の持つ技術やスペックという「モノ」だけではなく、ユーザーが貼箱(パッケージ)に触れたときの質感と感触や、フタを開けて商品を取り出すときに感じる "ワクワク、ドキドキ感" や "安心、心地よさ" といった顧客が体験する「コト」によって、中身の "商品" や "ブランド" に対するイメージをデザインします。

続きを読む

パッケージ(貼箱)は、素材で決まる!!

2018年09月18日(火)|貼箱

商品パッケージ(箱)は、紙で出来ています。
といっても、段ボールもあればトムソン箱(組み箱)もあります。
トムソン箱は、一般的に「コートボール(白板紙)」を使います。表面に印刷や表面加工をするのが前提で、ビジュアル的には多彩ですが、表面の質感や素材感というのはあまりありません。

続きを読む

商品パッケージは、まさにマーケティングでありブランド資産。

2018年09月17日(月)|マーケティング

マーケティングの重要ポイントとしてパッケージデザインで魅せ方をつくり、本質を言語化できれば、ブランドとしての「価値」が変わります.......。

まさに商品の「顔」ともいうべき "パッケージ" ですが、顧客との重要なコンタクトポイントです。
パッケージでは一般的に「デザイン」が重要といわれますが、デザインとはビジュアル(視覚的なデザイン)だけではありません。

続きを読む

このページの先頭に戻る