貼り箱とは

貼り箱の概略図

風合いのある和・洋菓子のギフトパッケージに使われている箱と言えばイメージしやすいでしょうか。
貼り箱は、中芯となる厚紙で一旦箱のカタチにしてから和紙や化粧紙、印刷された紙を貼って作られています。

貼り箱の一番の特徴は、質感のある紙や生地などを直接貼ることで印刷用紙とは違った表情や表現が出来ることです。

その独特の美粧性から和・洋菓子をはじめ、高級な贈答品やギフト商品、化粧品や美容関連商品、ソフトウェア、アクセサリー、ウエディング用DVDケースなどに採用されています。

また、金属加工サンプルを貼り箱に入れてプレゼンテーションに使われるなど、BtoB製品にも化粧箱として需要があります。

一般的にトムソン箱と呼ばれる組み箱は、厚紙に印刷し、それを型抜きしてから組み立てた箱です。安価で量産が容易なため、主に大量流通商品に使われています。

貼り箱製造でも、自動制御の機械で量産することができます。弊社の場合は、機械を使いますが作業そのものは手加工で、比較的小ロット生産を得意としています。数百個〜千個、多くても二、三千個程度のものを手がけています。

貼り箱はトムソン箱や段ボール箱に比べて高価と言えますが、美粧性や高級感、上質感が貼り箱の存在価値です。商品の価値を貼り箱を通してお客様に伝える大きな効果が貼り箱にはあるのです。

<貼箱とはどんな箱?>
このページは、弊社が考える貼り箱の特徴や強みを説明させていただいています。

素材の質感

貼り箱に貼る紙や生地など、素材の質感をご覧ください。

ICHIMATSU
きらびき白
artbox3.jpg
ICHIMATSU・ブラック
タント
トーンf
ハーフエア・チャコール
五感紙・黒
うるし紙
スエード調生地
うるし紙
もみ紙
ビニール・レザー
ワラ入り和紙

箔押しについて

箔押しをするためには、まず金属の版を作ります。そして金・銀・パールのほか黒や色のフィルムを金属版で紙に熱圧着します。そのため、箔の部分が少しエンボスされるのも特長で、箔の色とエンボスによって高級感が演出されます。

黒・箔。紙(ハーフエア)。印刷しにくい紙なので、箔押しが適しています。
黒・箔。黒い紙に、黒の箔押し。シックないい雰囲気です。
プラチナ金・箔。一般的な金箔よりも、上品な落ち着いた金箔です。
クリア(透明)・箔。透明の箔なので、下地の紙の色で雰囲気が変わります。
クリア(透明)・箔。透明の箔なので、下地の紙の色で雰囲気が変わります。箱内面への箔押しは先に紙を貼ってから押すので、若干箔面が凹みます。
プラチナ金・箔。一般的な金箔よりも、上品な落ち着いた金箔です。
黒・箔。黒い紙に、黒の箔押し。シックないい雰囲気です。
クリア(透明)・箔。透明の箔なので、下地の紙の色で雰囲気が変わります。
プラチナ金・箔。一般的な金箔よりも、上品な落ち着いた金箔です。
黒・箔。印刷の黒よりも、くっきりとした黒です。
銀(シルバー)・箔。
白・箔。
金・箔。一般的な金箔です。写真では光の当たり具合でわかりにくいですが、右奥のプラチナ金に比べて黄色が強い金色です。
白・箔。白い紙に白の箔押し。一見目立ちませんが、お洒落な雰囲気です。
銀(シルバー)・箔。
赤・箔。かなり珍しい色の箔押し。箔押しは、金、銀、黒などが一般的です。
銀(シルバー)・箔。


<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

06-6653-1225

貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)