パッケージは商品の“顔”。 商品の企画開発段階から関わる意義

公開日:2018年08月05日(日)16:30|貼り箱

パッケージ制作においてよくあるのは“販売価格が決まっていて最後にパッケージを考える”というケースです。商品の企画や開発に精力を注いで、パッケージは後回し。そしていざ商品を販売するという段階で悩んでしまう。でもパッケージは、商品の“顔”とも言える重要な要素なのです。

音楽CDやレコードのジャケット・デザインで、思わず買ってしまうことを“ジャケ買い”といいますね。商品もパッケージで選んでしまうことってありませんか?ジャケ買いならぬ、いわば“パケ買い”です。

パッケージとは、商品やブランドの本質を表現するものでなくてはならないというののが、私たちの考え方。デザインがカッコいいとか、インパクトが強いという単純なものではなく、美しさやグレード感、そして商品の存在感を語ってくれるようなものでなければならないのです。弊社で作る貼箱はビジュアルだけはなく、貼り箱のサーフェイス(表面)を構成する“COLOR(色)”“MATERIAL(素材)”“FINISH(仕上げ)”の3つの要素(CMFデザイン)によって得られる、“貼箱そのものの表情”を大切にしています。

この案件では、商品の企画・開発段階からご相談をいただきました。ご要望は“商品のクオリティに見合うパッケージ”。営業、デザイナー、コンサルタントなど、商品に関わる多くの方々との話し合いで、デザインが仕上がりました。その後、展示会への出展から販売にいたるまで、このパッケージはご好評をいただいています。

パッケージは、まさに商品の“顔”。後回しではなく、商品自体の企画・開発と同時に考えることが重要です。現実的な予算感も含めて、ブランド価値をどう伝えるか考えたいですね。

この事例の詳細は、下記ページをご覧ください。

育毛美容液のパッケージ
https://www.hakoya.biz/item/cosme-accessory/item_865.html

頭皮用美容液パッケージ、パッケージは商品の“顔”。 商品の企画開発段階から関わる意義
頭皮用美容液パッケージ、パッケージは商品の“顔”。 商品の企画開発段階から関わる意義

★ブランド価値を高めるパッケージ。オリジナル貼り箱企画製造★

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼り箱について、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠

営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30