パッケージ(貼り箱)は、ブランディングのためのツールです。

公開日:2018年11月13日(火)17:10|ブランディング

貼り箱デザインは、ブランドらしさを素材の質感で表現します。

商品パッケージ(貼り箱)は、単なる「包装資材」ではありません。
もしそうなら、「見栄えがよくて、コストの安いものがいい。」ということになります。
もちろんそれも一つとして正しい考え方ですが、それだけではありません。

パッケージの良し悪しは商品自体の良さにも繋がりますし、もっといえばそのブランド自体の価値にも繋がります。そしてそれは、商品の売上げにも直結するものです。

最近、ブランディングという言葉をよく聞きますが、それは大きな企業だけのものではなく、中小や零細企業にとっても重要な役割を果たします。
ブランドとは目に見えないイメージですが、ロゴやパッケージなどのデザインで表現することで、その企業や商品の本質的価値を表します。

言い換えれば、その「ブランド〜らしさ」です。
それがイメージ出来ると、商品の価値が顧客にとってもイメージ出来ます。
パッケージは商品や企業との重要なタッチポイント(接点)であり、いくら商品自体が素晴らしいものでも、顧客に届かないと意味がありません。

商品と顧客をつないでくれる、大切なポイントの一つがパッケージです。
このときのイメージで商品価値が変わり気に入るかどうか、そして購入するかどうかに繋がります。まさに、ブランディングのための大切なツールでもあるのです。

私は、お客様によくお話をさせていただきます。
「パッケージはコストではなく、ブランディングのための投資。」だとお考えください.......。

パッケージの中でも特に「貼り箱」は、表面のビジュアルデザインというより紙など貼る素材そのものの質感から、ブランドのグレード感だったりコンセプトを表現します。もちろんその分、一般的な組み箱(トムソン箱)に比べて費用もかかりますし、とても繊細なパッケージです。
しかし、そこに他にはない貼り箱の「価値」があります。

こちらの事例をご覧になってください。

コンセプトを見出す力が、商品の本質を捉えた提案につながる
“上質感”がコンセプトの、シンプルで美しいソフトウェアパッケージ(貼り箱)
https://www.hakoya.biz/blog/haribako/item_967.html

パッケージ(貼り箱)はブランディングのためのツールです。ブランド〜らしさ

メビック扇町発コラボレーションの事例で、ご紹介いただきました。
<チョコレート専門店ブランディング>
 上質感や喜びを伝えるブランドイメージづくり
 チョコレートショップ × グラフィックデザイン × 貼り箱メーカー
 https://www.mebic.com/collabo/6724.html

パッケージ(貼り箱)はブランディングのためのツールです。ブランド〜らしさ

★ブランド価値を高めるパッケージ。オリジナル貼り箱企画製造★

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼り箱について、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠

営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30