パッケージデザインは、商品の企画開発と同時進行が基本です。

公開日:2018年11月15日(木)12:02|貼り箱

パッケージを商品企画開発の最後にしないでください。

よくご相談いただくのは、商品が出来てこれから販売するというときに「パッケージをどうしよう?」というパターンです。もしくはここまででなくても、商品の企画開発に全精力を使い最後になって、パケージを考える時間も予算もあまり残っていないというケースです。

そうなると時間はないし肝心の予算も残っていないとなると、実際にできることはとても限られてきます。
特に予算がなければ、ご要望される仕様では作れないことがよくあります。

本来は商品の企画段階からご相談いただき、商品と並行してパッケージ(貼り箱)も企画していただくのが一番いいやり方です。少なくとも、企画の一番最後にはしないでください。
そうすることで、たくさんのメリットがあります。
商品コンセプトからパッケージのデザインをどうすればいいか、初期段階から考えられます。
この部分がとても重要で、パッケージは単なる包装資材ではなくまさに商品の「顔」といえる存在です。お客様は商品よりも先にパッケージを見て、そして手に取ることもあります。

パッケージは、お客様との最初のコンタクトポイント(接点)。
その「顔」がいいかわるいかで商品、そしてブランドの印象が大きく違ってきます。
そのくらい、ブランドにとっては大切な存在です。
ということは、商品の企画開発と同じくらい重要なのはおわかりいただけると思います。

商品の企画開発は、時間をかけて行われます。市場にどんなニーズやウォンツがあるのか、まずマーケットのことを調べ考えます。そこからコンセプトが生まれ、どんな商品をつくるのか数ヶ月〜1年、あるいはもっと時間をかけて考えていきます。商品企画開発とはそのくらい大変なことですが、パッケージは後回しになることは珍しくありません。

しかし本来はパッケージも同じくらい大切なものであり、それだけ時間をかけて考えていく必要があります。
パッケージ(貼り箱)の出来いかんで、商品、そしてブランド価値が大きく変わります。
ブランド価値を高めるパッケージは、すごく重要だと感じませんか?

パッケージデザインは、商品の「企画開発と同時進行が基本」と考えてください......。

<作品事例>
パッケージは商品の“顔”。 商品の企画開発段階から関わる意義
https://www.hakoya.biz/blog/haribako/item_974.html

パッケージは商品と一体化したもの。企画開発は同時進行してください。貼り箱


★ブランド価値を高めるパッケージ。オリジナル貼り箱企画製造★

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼り箱について、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠

営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30