パッケージデザインは、商品の企画開発と同時進行が基本です。

公開日:2018年11月15日(木)貼り箱

パッケージを商品企画/開発の最後にしない
商品と同じ価値として考える

よくご相談いただくのは、商品が出来てこれから販売するというときに「パッケージをどうしよう?」というパターンです。
もしくはここまででなくても、商品の企画開発に全精力を使い最後になって、パケージを考える時間も予算もあまり残っていないというケースです。

そうなると時間はないし肝心の予算も残っていないとなると、実際にできることはとても限られてきます。特に予算がなければ、ご要望される仕様では作れないことがよくあります。

本来は商品の企画段階からご相談いただき、商品と並行してパッケージ(貼り箱)も企画していただくのが一番いいやり方です。少なくとも、企画の一番最後にはしないでください。
そうすることで、たくさんのメリットがあります。

パッケージデザインは、商品の企画開発と同時進行が基本

パッケージは、一番最初の顧客接点
パッケージの印象が、ブランドイメージに直結

商品コンセプトからパッケージのデザインをどうすればいいか、初期段階から考えられます。
この部分がとても重要で、パッケージは単なる包装資材ではなく、まさに商品の「顔」といえる存在です。お客様は商品よりも先にパッケージを見て、そして手に取ることもあります。

商品のパッケージ/化粧箱は、ブランドとお客様の最初の顧客接点(コンタクトポイント/タッチポイント)。その「顔」がいいかわるいかで商品、そしてブランドの印象が大きく違ってきます。

そのくらい、ブランドにとっては大切な存在です。
ということは、商品の企画開発と同じくらい重要なのはおわかりいただけると思います。

商品の企画開発は、時間をかけて行われます。市場にどんなニーズやウォンツがあるのか、まずマーケットのことを調べ考えます。
そこからコンセプトが生まれ、どんな商品をつくるのか数ヶ月〜1年、あるいはもっと時間をかけて考えていきます。商品企画開発とはそのくらい大変なことですが、パッケージ開発が後回しになることは珍しくありません。

パッケージデザインは、商品の企画開発と同時進行が基本

パッケージは、一番外側にある中身
ブランドコミュニケーションのツールと考える

しかし本来パッケージも商品と同等に大切なものであり、それだけ時間をかけて考えていく必要があります。
パッケージ(貼り箱)の出来いかんで、商品、そしてブランド価値が大きく変わります。
パッケージをただの包装/梱包資材ではなく、ブランディングやマーケティング、コミュニケーションとして考えてください。

パッケージデザインは、商品の「企画開発と同時進行が基本」と考えてください。

作品事例:
パッケージは商品の“顔”。商品の企画開発段階から関わる意義

<お問い合わせ>はこちらのページへ
<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>は、こちらのページへ。
<目的から作例を探す>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

関連記事:

【ブランディングって、こういうこと】
ブランディングということをなんとなくわかったような気分で済ませていませんか。ここでは「ブランディングって、こういうこと」と題してやさしく解説していきます。

ブランディングって、こういうこと

【コミュニケーションって、こういうこと】
コミュニケーションって、なんでしょう。ブランディングやコンセプトなどと同じで、わかっているようでも意外とわかっていない(説明しにくい)言葉のひとつかもしれませんね。

コミュニケーションってなんだ

【新企画コンテンツ】

貼り箱ディレクターである村上誠(村上紙器工業所 代表)と親交のあるクリエイティブに関わる方が、パッケージやデザインに関するアイデア、視点、果てはお互いの考え方や生き方について語らいます。

箱BAR、パッケージデザイナー、三原美奈子
パッケージデザインは、商品の企画開発と同時進行が基本

 

素敵な商品を前に、パッケージに悩んでいらしゃるお客様へ

同じ思いで、ご相談いただいた事例がここにたくさんあります。<作品ギャラリー>もご覧になってください。化粧箱は売上にとって大切な存在なのです。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。

担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)