貼り箱のブレンダー:「貼り箱士」村上誠のブログ

パッケージ(貼り箱)は、ブランディングのためのツールです。

2018年11月13日(火)|ブランディング

貼り箱デザインは、ブランドらしさを素材の質感で表現します。

商品パッケージ(貼り箱)は、単なる「包装資材」ではありません。
もしそうなら、「見栄えがよくて、コストの安いものがいい。」ということになります。
もちろんそれも一つとして正しい考え方ですが、それだけではありません。

続きを読む

パッケージ(貼り箱)はブランディングのためのツールです。ブランド〜らしさ

ブランド価値を高めるパッケージとは。

2018年10月30日(火)|ブランディング

パッケージは、ブランドの「顔」。

ブランドというと、シャネル、グッチ、メルセデス、BMW、アップル......など高級品を扱う大手メーカーをまず思い浮かべます。しかし、こういった大手資本の企業だけがブランドではありません。
もちろん欧米のラグジュアリーブランドは、自社商品のみならずブランド構築のために膨大な時間とお金をかけています。これは、まさにBRANDです。

続きを読む

ブランド価値を高めるパッケージとは。貼り箱

美意識のある貼り箱がいざなうブランド価値

2018年10月20日(土)|貼り箱

貼り箱はトムソン箱(組み箱)とは違い、やはりコストや量産では難しい部分があります。
包装資材としてみると、コストはかかるし量産も簡単ではありません。
単純に「パッケージ」の選択肢としては、正直選びにくい存在です。

続きを読む

美意識のある貼り箱がいざなうブランド価値

弊社ホームページを全面リニューアル!!

2018年10月11日(木)|お知らせ

この度およそ9年ぶりに、弊社ホームページを全面リニューアルしました。
今回の目的は、サイトデザイン全体を見直すということもありますが、まだ対応していなかったレスポンシブデザインです。遅ればせながら、これでやっとスマートホン対応になりホッと一息です。

続きを読む

“不便” だからこそ価値がある。

2018年09月26日(水)|デザイン

今のデジタル社会、スマートフォンがあれば何でもできちゃう時代です。
何もかも便利。というより便利過ぎます〜。
確かに暮らしやすい世の中ではありますが、便利過ぎて何か物足りない(笑)。

続きを読む

“不便” だからこそ価値がある。

<UXデザイン>貼り箱で、体験をデザインする。

2018年09月20日(木)|デザイン

UXとは「ユーザーエクスペリエンス:User Experience」、直訳すると「顧客体験」のことです。

つまり貼り箱の持つ技術やスペックという「モノ」だけではなく、ユーザーが貼り箱(パッケージ)に触れたときの質感と感触や、フタを開けて商品を取り出すときに感じる "ワクワク、ドキドキ感" や "安心、心地よさ" といった顧客が体験する「コト」によって、中身の "商品" や "ブランド" に対するイメージをデザインします。

続きを読む

<UXデザイン>貼り箱で、体験をデザインする。パッケージブランディング

パッケージ(貼り箱)は、素材で決まる!!

2018年09月18日(火)|貼り箱

商品パッケージ(箱)は、紙で出来ています。
といっても、段ボールもあればトムソン箱(組み箱)もあります。
トムソン箱は、一般的に「コートボール(白板紙)」を使います。表面に印刷や表面加工をするのが前提で、ビジュアル的には多彩ですが、表面の質感や素材感というのはあまりありません。

続きを読む

パッケージ(貼り箱)は、素材で決まる!! ブランディング マーケティング CMFデザイン
  • 06-6653-1225

貼り箱について、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠

営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30