貼り箱を探す

パッケージからはじまるブランディング、和包丁ブランド

公開日:2021年06月20日(日)12:35

海外展開に和包丁の新ブランド戦略

昨年8月【パッケージ展2020(主催:大阪産業創造館)】にて、堺打刃物を主力商品として取扱う株式会社福井様からお声がけいただきました。

パッケージからはじまるブランディング、和包丁ブランド
パッケージからはじまるブランディング、和包丁ブランド
パッケージからはじまるブランディング、和包丁ブランド
パッケージからはじまるブランディング、和包丁ブランド
ッケージからはじまるブランディング、和包丁ブランド

最初は、パッケージのご相談でお声をさけていただきました。
お話を伺ううちに海外向けということもあり、「ブランディングされてはどうでしょうか」と私から提案をさせていただきました。

現代ではモノ(商品)が良いだけでは、中々販売には結びつきません。
その商品が作られる背景や作り手の思い、つまり商品に込められたブランドの本質が顧客に見えるカタチにすることがとても重要です。

別に大企業が巨額の予算をかけてロゴやキャッチコピーをつくり、そこに大量の広告を打つことだけがブランディングではありません。
例え中小や零細企業であっても、商品や企業の本質を顧客にきちんと伝えること。それが、ブランディングです。

そのあたりのことを、いろいろと福井様とお話しご理解いただきました。そして数ヶ月に及ぶヒアリングから、新ブランド「HADO(刃道)」プロジェクトがスタートしました。

パッケージからはじまるブランディング

弊社サイトのデザインや「意思を運ぶ箱。」のコピーでお世話になっている、浪本さんと田中さんとのチームで新ブランドを構築しました。

コンセプトワークとネーミングとコピーなどブランドイメージの構築に、コピーライター / クリエイティブディレクター田中有史さん(田中有史オフィス 代表)。
パッケージやブランドサイトのデザインは、アートディレクター / グラフィックデザイナー浪本浩一さん(株式会社ランデザイン 代表)。
HADOサイト制作は、株式会社TAMさん。

パッケージ・ディレクションとブランディング・プロデュースは、村上誠(村上紙器工業所 代表)が担当。
貼り箱は、村上紙器工業所が製作をさせていただきました。

「モノづくりの魂」を隅々にまで表現したパッケージ

パッケージの隅々にまで「モノづくりの魂」というHADOのコンセプトを表現。
素材選びやディティールまで細やかな気配りを忘れない、日本のモノづくりを象徴するパッケージに、日本の心を感じて欲しいです。

また、パッケージやサイトにある和包丁のドローイングは、パリとバルセロナを拠点に活動する世界的なアーティスト、フィリップ・ワイズベッカー(Philippe Weisbecker)さんによるもの(ブランドロゴも氏の手による文字)で、実に10ヶ月に及ぶ大プロジェクトでした。

【プレスリリース】
株式会社福井
刃の道を堂々と歩くHado(刃道)誕生
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000078878.html

【ブランドサイト】
HADOホームページ
https://hado-knife.jp/

【Instagram】
https://www.instagram.com/hado_knife/

株式会社福井
〒590-0934 大阪府堺市堺区九間町東1丁1番10号
TEL.072-227-0001

代表取締役:福井基成
創業:明治45年1月
会社設立:昭和25年5月
資本金:1,000万円

堺打刃物を主力商品として取扱い、また農業・園芸・ガーデニング関連用品や工具・DIY用品をもう一つの主力取扱商品として成長している。自社ブランド商品の開発を進める一方で、さまざまな有力メーカーの代理店業務を務めている。

パッケージからはじまるブランディング、和包丁ブランド
パッケージからはじまるブランディング、和包丁ブランド
パッケージからはじまるブランディング、和包丁ブランド
パッケージからはじまるブランディング、和包丁ブランド
大、中、小、3サイズのパッケージにはフィリップ・ワイズベッカー氏のドローイングとロゴが入る
パッケージからはじまるブランディング、和包丁ブランド
パッケージからはじまるブランディング、和包丁ブランド
パッケージからはじまるブランディング、和包丁ブランド
パッケージからはじまるブランディング、和包丁ブランド
HADOはブランド名でもあり、プロジェクトでもある。
左から職人の丸山氏、企画営業の市川氏、社長の福井氏。
パッケージからはじまるブランディング、和包丁ブランド
パッケージからはじまるブランディング、和包丁ブランド

<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<お客様インタビュー>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

堺の高級包丁、貼り箱で 海外向けブランドとして展開

株式会社福井様(大阪府堺市、代表取締役:福井基成)の包丁新ブランドHADO(刃道)。
ブランド構築とパッケージ(貼り箱)について、「包装タイムス 6月7日付(日報ビジネス株式会社)」に掲載いただきました。

hadohousoutimes.jpg

撮影:福永浩二(PHOTO BANDITS)

貼り箱についてのご相談は、こちら から気軽にお問い合わせください。
(まずは、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)

※写真をクリックで拡大、矢印キー(◀▶)で写真がスライドします。

当サイトに掲載されている写真の著作権は、村上紙器工業所および作品の作者にあります。
許可なく写真の転載をすることはできません。
写真の掲載を希望される方は、事前にご連絡下さい。

お問合せページへ

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)