存在感のある箱を生み出す職人技

公開日:2019年09月23日(月)18:58|貼り箱

私たちのつくる貼り箱の魅力とは、シンプルな美しさ。その中にどことなく感じる艶っぽさ。長年の経験によるクラフトマンシップがあるからこそ、見た目の美しさだけでなく、表情豊かで存在感のある、そして手にした人が感動さえするような、そんな化粧箱が生まれるのです。

貼り箱の仕上がりは手加減が大切
手でつくるということ

私たちは、自分たちの手で貼り箱をつくっています。
その作り方には、手加減が大切です。

手加減とは手で感じたとったことを、さらに手によって力の入れ具合や動かし方で伝えていくことです。

貼り箱は手加減で仕上げが決まる、化粧箱、パッケージ

なかなか言葉では表現しにくいですが、それは手がわかっています。
手から手へ受け継がれてきた伝統の技であり、愛おしむように育んでいくものです。

手加減を操れるのは生産ラインに入っている全員が、オペレーターではなく職人だからです。

紙は、生きもの。
そのときの温度や湿度、素材によって紙の伸び縮みや中芯であるボール紙にどう馴染んでいくか。

そして接着材であるニカワの状態(濃度や温度)によって、紙がうまく箱に貼ることができるか変わってきます。

最近は技術の向上で量産用の自動化機械で貼ることが多いですが、現代において効率化とはまた違った手加減による貼り箱づくりをしています。

そして私たちのつくる貼り箱の魅力とは、シンプルな美しさ。
その中に、どことなく感じる艶っぽさ。

長年の経験によるクラフトマンシップがあるからこそ、見た目の美しさだけでなく、表情豊かで存在感のある、そして手にした人が感動さえするような、そんな化粧箱が生まれるのです。

ニカワ(膠):
世界中で、貼り箱は接着材としてニカワを使っています。
ニカワとは、牛や豚など動物の骨や皮などから抽出したゼラチンを主成分とする工業用のゼラチンです。



貼り箱は手加減で仕上げが決まる、化粧箱、パッケージ
貼り箱は手加減で仕上げが決まる、化粧箱、パッケージ

<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
 モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
 パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
 単なる装飾的な付加価値ではありません。

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)