お問い合わせ

"思いを込めた商品" は、ここにある。
でも、その "パッケージ" は、いったいどうすれば!?
パッケージは慌てて作ったけど「あれっ?」、どうも納得できない!!
今までと販路やユーザー層が変わって、パッケージを見直したい。

まずは、貼箱についてちょっと聞いてみたい、相談したいというときに、下記の「問い合わせフォーム」より一度、気軽にお問い合わせください。
(ちょっと、電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)

一度、工場へお越しください。
商品をお持ちいただき、具体的なお話を伺わせていただきます。
工場では、今まで製作した貼箱のサンプルが一挙にご覧いただけます。また、よく使う洋紙や和紙、その他の特殊紙などのサンプルもありますので、商品イメージやコンセプトから適した素材をお選びいただけます。

貼箱は、この「素材選び」がとても重要です。
素材の持つ「色」や「質感」が人の感覚に直接語りかけることで、やさしさ、美しさ、あたたかさなど商品、そして企業のコンセプト、ブランドを伝えることが出来ます。

お問い合わせの前に「よくあるご質問」「お取引について」をご覧ください。
価格、お支払い方法などについても記述しています。

<お見積りをご希望のお客様へのお願い>
  • 相見積もりをご希望の場合は、相見積もり先や価格などをお知らせください。同じような貼箱でも、製造工程や細部へのこだわりなどにより価格が大きく変わる場合があります。
  • ターゲット・プライスがある場合は、できるだけお知らせ下さい。ご相談の内容から概算見積りを出した上で、ご検討いただくことも可能です。
  • 見積り算出のために具体的な情報をお知らせください。
    • 中にいれる商品(例:携帯電話ケース、キーホルダーなど)
    • 希望の箱のイメージ(色、デザインなど分かる範囲で具体的に)
    • もし御社の商品CMをつくるなら、誰に出演して欲しいですか?
      (商品・企業イメージを、有名人に例えると。)
      (例:西島秀俊、相葉雅紀、吉田羊、綾瀬はるか、ローラ.....など。)
    • 箱のおよその内寸法(例:250×180×H50mm)
    • 希望ロット数(例:500個)
      (ロット数が少ないほど、単価は高くなります。)
      (経済ロットを考えると、通常500個〜1,000個くらいは必要になります。)
    • 希望納期
    • ご予算
    • もし、ターゲットプライスがある場合、出来るだけお知らせ下さい。
      ただ漠然とお見積りをさせていただくと、ご希望価格とお見積りの価格がかなり違う場合があります。         
    • <ご注意>
    • 弊社は、「貼箱(はりばこ)」専業の企画・製作会社です。
      一般的な洋菓子などに使われる「組み箱(薄いボール紙の組立箱)」は、お取り扱いをしていません。
      貼箱:厚さ1〜2mmのボール紙を中芯として、その上に紙などの素材を接着材で貼って作ったパッケージ。
<送信時のご注意>
  • フォームがうまく送信できない場合、また写真・データなどを添付される場合は、info@hakoya.bizに、メールにてご連絡ください。(その際は、お名前・会社名・業種・ご住所・お電話番号を必ずご記入ください)
  • ご利用いただく前に、下記の<お客様ご利用規約>を必ずお読みください。
    当社サイトをご利用されるお客様は、この「お客様ご利用規約」に同意されたものとします。
    本規約は、村上紙器工業所の運営するサイトが提供するサービスをご利用いただく際の、利用者(お客様)と当社間の一切の関係に適用されます。

 例:info@hakoya.biz

 例:http://www.hakoya.biz/

<発注・製品についてのご注意>
  • 貼箱は全て受注生産で、既製品はありません。
  • サンプル製作は有償にて承っています。
    (サンプル製作は、あくまでも本生産を前提としたものです。)
    (サンプルのみの製作は、お断りいたします。)
  • 製作最小ロットはありませんが、ロット数が少ないほど単価は高くなります。
    (経済ロットを考えると、通常500個〜1,000個くらいは必要になります)
  • 納期は「仕様決定」から通常約3〜4週間程度です。
    ただし仕様、数量、製作時期によって1〜2ヶ月ほどかかる場合があります。
  • 数量により、分納での納品の場合もございます。
  • 受注生産のため、貼箱の仕様決定のための打ち合わせやサンプル製作(有償)の時間も必要です。納期には余裕を持ってご相談ください。(仕様決定に数週間〜1ヶ月以上かかる場合もあります)
  • 通常フタ天面などにロゴの箔押しをしますが、手加工での紙の貼り作業で、また紙の伸び縮みがあるため、指定位置から1〜2mm程度のズレが生じる場合があります。
    貼箱という特性上、この点についてはどうしても防ぐことができませんので、どうかご了解ください。
  • 作らせていただいた木型や凸版の保管期間は、原則「3年間」とさせていただきます。
    前回のご注文(リピート注文を含む)から3年を過ぎた場合は、処分させていただく場合がありますのでご注意ください。
  • 木型、凸版の処分後の再製作の費用については、お客様のご負担となります。ご了承ください。
  • 丸型の貼箱(紙管)は、取り扱っていません。
  • 海外への発送は、行なっておりません。
  • 個人利用のお客様への「1個」の製造は致しておりません。
  • 弊社は、「貼箱(はりばこ)」専業の企画・製作会社のため、一般的な洋菓子などに使われる「組み箱(薄いボール紙の組立箱)」は、お取り扱いをしていません。
    貼箱:厚さ1〜2mmのボール紙を中芯として、その上に紙などの素材を接着材で貼って作ったパッケージ。

<お客様ご利用規約>

当社サイトをご利用いただくにあたっての注意事項です。
当社サイトをご利用されるお客様は、この「お客様ご利用規約」に同意されたものとします。
本規約は、村上紙器工業所の運営するサイトが提供するサービスをご利用いただく際の、利用者(お客様)と当社間の一切の関係に適用されます。

第1条(利用者)
  1. (1)当社サイトをご利用されるお客様は、この「お客様ご利用規約」に同意されたものとします。
  2. (2)利用者は、サービスを利用するにあたり、第三者に迷惑や不利益を与えるなどの行為、サービスの運営に支障をきたす行為、公序良俗に反するような行為を行わないものとします。
  3. (3)当社サイトは、お客様の事前の承諾を得ることなく、本規約を変更できるものとします。
第2条(著作権)

このサイトおよび掲載されている写真などの著作権は、村上紙器工業所および作品の作者にあります。
このサイトの内容を無断で複写・複製することは、著作権など知的所有権の侵害となりますので十分ご注意ください。
許可なく写真の転載をすることはできません。
写真の掲載を希望される方は、事前にご連絡下さい。

第3条(代金支払)

ご発注時に納期予定をご連絡させていただきますので、当社指定の銀行口座へお振り込みをお願い致します。ご入金確認後の発送となります(代金の先履行)。
尚、合計金額が高額(税込み50万円以上)になる場合は、ご発注時50%、発送前残り50%の銀行振込をお願い致します。

第4条(所有権)

第3条(代金支払)の合意に基づき、出荷までは製造した商品の所有権は当社にあるものとします。

第5条(その他免責事項)
  1. (1)当社は受注製造のため、お客様のご都合による返品、交換はお断り致します。
  2. (2)製造には万全を期していますが、手加工による貼箱製造のため、特に製品の表面および内貼りなどの「素材」の細かな「すり傷」などは、完全に防ぐことは出来ません。使う素材の種類によっても、それらの「すり傷」が目立ちやすいものがあります。
    したがって「すり傷」などによる返品・交換については、基本的にお断りしています。
    これらをご理解の上、ご注文ください。
  3. (3)各加工工程の製作環境(温度、湿度)の違いで、紙素材はミリ単位で伸び縮みするため、ロゴな どの「箔押し」は厳密な位置に合わせることは事実上困難です。
    また最終的に「手加工」による紙の貼り工程ですので、位置合わせにも誤差が生じます。
    1〜2mm程度の位置ズレについては、「許容範囲」ですのでご了承ください。
    この「位置ズレ」についてのクレーム・返品は、お受け出来ません。
  4. (4)作らせていただいた木型や凸版の保管期間は、原則「3年間」とさせていただきます。
    前回のご注文(リピート注文を含む)から3年を過ぎた場合は、処分させていただく場合がありますのでご注意ください。
    木型、凸版の処分後の再製作の費用については、お客様のご負担となります。ご了承ください。
  5. (5)当社製造の「貼箱」のご使用により、二次的に発生する事由による、一切の責は負いかねます。 当社から購入された「貼箱」により、お客様に何らかの不利益が生じた場合、その責任は商品の購入金額を限度と致します。 商品代金以上の損害賠償は、一切お受け出来ません。
第6条(協議事項)

本規約に記載なき事項および本規約の各事項の解釈に疑義を生じた場合には、利用者および当社は誠意を持って協議し、解決を図るものとします。

第7条(準拠法、裁判管轄)

本利用規約にあたっては日本法を準拠法とします。また、当社のサービスに起因または関連して当社とお客様との間で生じた紛争については、大阪簡易裁判所または大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

このページの先頭に戻る