お客さまと商品をつなぐパッケージ

公開日:2019年03月17日(日)貼り箱

あなたが想いを込めてつくった商品、どんなパッケージに入れますか?

ちょっと見栄えのよい、低コストなパッケージ?
もちろん、それもありでしょう。しかし、それではダメなこともあります。
ブランドコンセプトがあり商品のクオリティに見合うパッケージが必要なとき、あなたは妥協していけません。

客さまと商品をつなぐパッケージ、貼り箱、化粧箱、紙箱

パッケージは、商品とお客様をつなぐ(顧客接点)大切なコンタクトポイント(Contact point)であり、タッチポイント(Touch point)。
その印象が、商品そのもののイメージに直結します。
ご相談に来られるお客様は皆さんそこにこだわり、そして悩んでおられます。

どんなパッケージデザインにすれば、ブランドに合った素敵な貼り箱にできるのか。
悩んだ末にご相談いただくのですが、だからこそコンセプトをどうパッケージデザインに落とし込むことが出来るか。貼り箱の特徴である素材を活かしたデザインになるかを、私は考えます。

商品に込めた、それぞれの想いがあり物語がある。

同じように、貼り箱にも出来るまでのストーリーがあります。

商品イメージに合った素材はどんな紙か?、いや紙とは限らない。紙クロス、布かもしれない?
どんな質感だろうか、さわった感じは?

ざらついた感じ、それとも比較的フラット、エンボス(凹凸)が合った方がいい?

色は、どんなだろう。
鮮やかな色がいいのか、それともモノトーンでシックなイメージか?

想像は、尽きません。

その貼り箱がデザインされるまでお客様とのいろいろなやり取りがあり、ご希望もお聞きしながら私から色も含めた素材の提案をさせていただきます。

商品の作り手、貼り箱の作り手。それぞれの想いが交錯することで、ブランドに相応しい貼り箱のデザインになります。
それらが、お客さまと商品をつなぐパッケージになるのです。

<最高級素材と職人技による魂のiPhone革ケース、パッケージ>
イタリア老舗革加工メーカーも認めたブランドにふさわしい貼り箱
https://www.hakoya.biz/item/cosme-accessory/item_948.html

<育毛美容液のパッケージ(貼り箱)>
貼り箱が醸し出す特別感が、商品の本質を表す。
https://www.hakoya.biz/item/cosme-accessory/item_865.html

<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<お客様インタビュー>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

お客さまと商品をつなぐパッケージ、貼り箱、化粧箱、紙箱

客さまと商品をつなぐパッケージ、貼り箱、化粧箱、紙箱

素敵な商品を前に、パッケージに悩んでいらしゃるお客様へ

同じ思いで、ご相談いただいた事例がここにたくさんあります。<作品ギャラリー>もご覧になってください。化粧箱は売上にとって大切な存在なのです。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。

担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)