パッケージ/化粧箱について、こんなお悩みやご相談はありませんか?

公開日:2022年08月13日(土)貼り箱

意思を運ぶ箱

村上紙器工業所は、単なる包装/梱包資材としての「パッケージ/化粧箱」としてだけでなく、ブランディングやマーケティングの視点のパッケージ「貼り箱」のご提案をさせていただきます。

  • 商品のリニューアルにともなって、パッケージ/化粧箱を刷新したい。
  • 新事業の企画として、新たに商品パッケージが必要だがどうすればいいかわからない。
  • 商品は完成してパッケージが必要だけど、どんなパッケージデザインにすればいいかわからない。
  • 商品ブランドを魅力的にできるパッケージについて、相談できるパートナーが欲しい。
  • パッケージについて、企画費や全体の予算がどのくらい必要なのかわからない。
  • マーケティングとして、パッケージデザインをどうするか考えたい。
  • パッケージとともに、全体のブランディングも考えていきたい。
  • ブランドのコンセプトを、お客様にパッケージから感じて欲しい。
  • ブランド・コミュニケーションとして、パッケージをきっちりと設計したい。
  • パッケージを通して、ブランド価値を顧客に届くように伝えたい。
  • 単に「箱」というよりも、パッケージング(packaging)の意味について相談したい。
  • 自社ブランド「らしさ」の表現を、パッケージデザインに落とし込みたい。
  • 包装・梱包資材としてだけではなく、マーケティングのProduct(製品)戦略としてパッケージを考えたい。

私たちが企画・製作するパッケージ/貼り箱は、クライアント企業の「意思」を貼り箱を通して顧客へ運ぶ「箱」です。

パッケージ/貼り箱を大切な顧客接点(タッチポイント/コンタクトポイント)と捉えることで、ブランド・コミュニケーション(ブランドの本質を顧客に伝え、ブランドイメージを構築するブランディング活動)をデザインします。

お気軽にご相談、お問い合わせください。
(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

ブランディングの考え方については、こちらをご覧ください。
「ブランディングって、こういうこと」

ブランディングって、こういうこと シリーズ1「ブランドって、なに?」

関連記事:

大人の革サイフのパッケージ
大人の革財布。濃艶でエレガントなパッケージ/化粧箱
スキンケアのパッケージ、化粧箱
幹細胞コスメ、スキンケアのパッケージ、化粧箱
和包丁ブランドのパッケージ、貼り箱
パッケージからはじまるブランディング、和包丁ブランド
「感謝の気持ち」チョコレート・パッケージ、化粧箱&ブランディングプロデュース

素敵な商品を前に、パッケージに悩んでいらしゃるお客様へ

同じ思いで、ご相談いただいた事例がここにたくさんあります。<作品ギャラリー>もご覧になってください。化粧箱は売上にとって大切な存在なのです。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。

担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)