iPhoneのような箱、探してます

公開日:2020年06月24日(水)13:14|貼り箱

#withHaribako 貼り箱とともに

最近、「iPhoneのような箱、探してます」という問い合わせが多くなっています。

iPhoneの箱=高級感があり、キレイな箱。
このイメージが、世間的にも定着しつつあります。

iPhoneのような箱、高級感、パッケージ、化粧箱、貼り箱、ブランディング、マーケティング

でも実は「iPhoneのような箱」をどう解釈するかは、人によって様々で違います。

ホントに、iPhone箱とほぼ同じ仕様を求める方。
特にフタ(上箱)とミ(下箱)との嵌合(かんごう:フタとミとの「はまり具合」)がシビアで、まるで茶筒を思わせる空気のヌケ感を再現したい方。
実は、これが一番難しい。

これが金属加工なら、NC旋盤などで「1/1,000mm」単位で寸法調整ができます。
しかし、私たちが作るのは紙の箱。
金属とは比べ物にならないくらい寸法誤差があり、何よりも箱ごとの個体差が結構あります。

これが大量生産(少なくとも数千〜数万個以上。iPhoneは年間2億個弱?)なら自動制御の機械で作れます(個体差も比較的少ない)が、小ロット(数百程度)では難しいです。

iPhoneのような箱、高級感、パッケージ、化粧箱、貼り箱、ブランディング、マーケティング

弊社の場合は小ロット生産のため、手加工での製造です。
効率や生産性という意味では量産には敵いませんが、手加工ならではの細かな加工仕上げが出来ます。

箱は「ぱっと見」のデザイン性も大切ですが、実はシンプルなデザインでもそのディテール(細部)の仕上がりでパッケージとしてのクオリティーが決まります。

機械による大量生産とはまた違った、人の手でつくられる良さ、味わいみたいなものもあるのです。
そのあたりは、各々の価値判断だと思います。

あとは、表面のマット感。
これは紙の表面にマット・フィルムを貼っているので、箱の表面がしっとりとした質感になっています。

もう一つは、箱角の直角です。
貼り箱のベースとなるボール紙は、1〜2mm程度の厚みがあります。
それを折り曲げる角部分は、内側の僅かな厚みを残してカットする「半切り罫(はんぎりけい)」という作り方をするため、曲げたときに角部分は45度斜めになります。

iPhoneのような箱、高級感、パッケージ、化粧箱、貼り箱、ブランディング、マーケティング
iPhoneのような箱、高級感、パッケージ、化粧箱、貼り箱、ブランディング、マーケティング

これを「Vカット」と呼ばれる加工方法でつくると、iPhone箱のような角が直角になります。
弊社では「Vカット」の設備がないため、別の特殊な方法で角を直角にすることは可能です。

Vカット:ボール紙を曲げる部分の内側をVの字にえぐるカット方法。

iPhone箱は膨大な数で大量生産されていて、それだけのノウハウと費用をかけて製造しています。
小ロットで同じものを再現するのは、現実的に簡単ではありません。

また人によってはあくまでもイメージとして、iPhone箱(=高級感があり、キレイな箱)みないた化粧箱を求めるお客様もおられます。

人によって、イメージの解釈は様々ですね。

iPhone箱とほぼ同じ仕様は難しいですが、あの高級のあるイメージをパッケージデザインとして再現出来ます。
もちろん、その強い思いと現実的なご予算は必要です。

<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

iPhoneのような箱、高級感、パッケージ、化粧箱、貼り箱、ブランディング、マーケティング
iPhoneのような箱、高級感、パッケージ、化粧箱、貼り箱、ブランディング、マーケティング
iPhoneのような箱、高級感、パッケージ、化粧箱、貼り箱、ブランディング、マーケティング
iPhoneのような箱、高級感、パッケージ、化粧箱、貼り箱、ブランディング、マーケティング

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
 モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
 パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
 単なる装飾的な付加価値ではありません。

意思を運ぶ箱。貼り箱以上。村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)