パッケージ/化粧箱はブランディングであり、ブランドの「顔」。

公開日:2022年06月20日(月)デザイン

商品において、それを包むパッケージ/化粧箱はブランディングであり、まさにブランドの「顔」です。
逆にいうとブランドコンセプトのもと、パッケージデザインが出来上がっていると言えます。

お客様が商品パッケージを見てこのブランドだとイメージ出来るなら、それはまさにブランドの「顔」になっているのです。

統一された「顔」がブランドをつくる

例えば自動車のマツダは、近年「魂動デザイン」というデザイン哲学のもとに生命感のあるカーデザインを展開しています。
ただ日本では賛否両論があり、「同じ顔で個性がない」と言われることもしばしばです。

出典:マツダ/Mazda Japan
https://www.facebook.com/Mazda.Japan/

日本の自動車では同じメーカーでも車種によって顔(デザイン)がバラバラであり、メーカーとしての統一性は基本的にありません。

よほど有名な車種は別として、よくあるのはメーカーのエンブレムを外すと車種名はおろかどこのメーカーなのかさえもわからない車がたくさんあります。

ターゲット顧客によってデザインを変えるというのが日本メーカーの考え方ですが、同じ車種でもモデルチェンジするたびに、全くデザインが変わったりします。メーカー的には、そうしないと売れないという思いが働き、デザインがころころ変わるのはまさにメーカー視点の考え方。

ところが、欧州メーカーならメルセデス・ベンツやBMW、ボルボなどは基本的に統一されたデザインが当たり前。どの車種もひと目見てベンツだ、BMWだとわかります。
国内メーカーでありながら、思い切ったデザイン哲学を貫いたマツダは素晴らしいと思います。

パッケージは、ユーザーとの大切なコンタクトポイントになる

そしてブランドの商品パッケージでいえば、やはり一番有名なのはティファニーです。
ご存知、ティファニー・ブルー(※)と呼ばれる独特の色のパッケージで、これもひと目見てティファニーだと認識出来ます。

※世界中でこの色が商標登録されていて、ティファニー以外の企業がこの色を使うことは出来ません。

出典:Tiffany & Co.
https://www.facebook.com/TiffanyAndCo.Japan/

このように、ブランドにはひと目見て「これぞ、〇〇だ。」とイメージできる「顔」が必要です。

自動車なら、全体を通してのカーデザイン。商品ならそれ自体のデザインもありますが、包まれるパッケージデザイン&パッケージ自体がそれです。

ティファニーのパッケージは世界的に有名ですが、あなたのブランドにとってもパッケージ/化粧箱をどう作るかはとても大切な考え方です。

特にD2Cは、パッケージの印象がブランドに直結!!

このブランドを購入したら、このパッケージに入って送られてくる。一般的な企業もそうですが、最近ならD2Cはブランドの商品パッケージ/化粧箱について、とても真剣に考えてパッケージデザインされています。
ブランドにとってパッケージの印象が「顔」であり、ブランド・イメージに直結するからです。

ブランディングという観点から、あなたもブランドにとっての「顔」をつくってみませんか?

<パッケージ/貼り箱が、ユーザーとの大切な接点(コンタクトポイント)になっている事例。>

ブランドの顔になるパッケージ
パッケージからはじまるブランディング、和包丁ブランド
ブランドの顔になるパッケージ
歯医者さんのベビーギフト・ボックス/パッケージ
ブランドの顔になるパッケージ
新ブランドのためのジュエリー(真珠)パッケージ、化粧箱

素敵な商品を前に、パッケージに悩んでいらしゃるお客様へ

同じ思いで、ご相談いただいた事例がここにたくさんあります。<作品ギャラリー>もご覧になってください。化粧箱は売上にとって大切な存在なのです。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。

担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)