和包丁の新ブランド、貼り箱と世界へ

公開日:2021年06月15日(火)16:00|貼り箱

パッケージからはじまるブランディング

昨年8月の【パッケージ展2020(主催:大阪産業創造館)】にて、堺打刃物を主力商品として取扱う株式会社福井様からお声がけいただきました。

堺の高級包丁、貼り箱、化粧箱、ブランディング、パッケージ
堺の高級包丁、貼り箱、化粧箱、ブランディング、パッケージ
堺の高級包丁、貼り箱、化粧箱、ブランディング、パッケージ

最初、パッケージのご相談をいただきましたが「海外向け」ということもあり、ブランディングされてはどうでしょうかと提案をさせていただきました。快諾いただき、それならと弊社サイトなどでお世話になっている浪本さんと田中さんをご紹介することに。
そして数ヶ月に及ぶヒアリングから、HADO(刃道)プロジェクトがスタート。

コンセプトワークとネーミングとコピーなどブランドイメージの構築に、コピーライター / クリエイティブディレクター田中有史さん(田中有史オフィス 代表)。
パッケージやブランドサイトのデザインは、アートディレクター / グラフィックデザイナー
浪本浩一さん(株式会社ランデザイン 代表)。
サイト制作は、株式会社 TAMさん。
パッケージ・ディレクションとブランディング・プロデュースは、村上誠(村上紙器工業所 代表)が担当。
貼り箱は、村上紙器工業所が製作をさせていただきました。

「モノづくりの魂」を隅々にまで表現したパッケージ

パッケージの隅々にまで「モノづくりの魂」というHADOのコンセプトを表現。
素材選びやディティールまで細やかな気配りを忘れない、日本のモノづくりを象徴するパッケージに、日本の心を感じて欲しいです。

また、パッケージやサイトにある和包丁のドローイングは、パリとバルセロナを拠点に活動する世界的なアーティスト、フィリップ・ワイズベッカー(Philippe Weisbecker)さんによるもので、実に10ヶ月に及ぶ大プロジェクトでした。
ぜひ、以下のプレスリリースとブランドサイトもご覧ください。

株式会社福井
刃の道を堂々と歩くHado(刃道)誕生
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000078878.html

HADOホームページ
https://hado-knife.jp/

詳細は、「パッケージからはじまるブランディング、和包丁ブランド」をご覧ください。

<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<お客様インタビュー>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

堺の高級包丁、貼り箱で
海外向けブランドとして展開

株式会社福井様の包丁新ブランドHADO(刃道)。
ブランド構築とパッケージ(貼り箱)について、「包装タイムス 6月7日付(日報ビジネス株式会社)」に掲載いただきました。

堺の高級包丁、貼り箱、化粧箱、ブランディング、パッケージ
堺の高級包丁、貼り箱、化粧箱、ブランディング、パッケージ
堺の高級包丁、貼り箱、化粧箱、ブランド、パッケージ
堺の高級包丁、貼り箱、化粧箱、ブランド、パッケージ
堺の高級包丁、貼り箱、化粧箱、ブランド、パッケージ

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
単なる装飾的な付加価値ではありません。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)