どう作るかより、箱がどういう役割を果たすか

公開日:2021年06月16日(水)貼り箱

どう作るかより大切なこと

昨夜、放送のあったNHK:プロフェッショナル仕事の流儀「作ることが、生きること 陶芸家・辻村史朗」。

名だたる海外セレブが愛し、世界の有名美術館も作品を所蔵する孤高の陶芸家、辻村史朗さん74歳。自宅は自ら建てたもので、自生する野草やキノコを日々採り、畑で野菜を育て暮らす。

陶芸では師匠はおらず、まったく独学でここまで上り詰めた。
その日々を追いかけた、半年間の記録だった。

その中で、一番印象に残ったのが「どう作るかより、どう生きるか」。

工業製品として、効率よく安価で大量に生産するものとは違う。
これほどの人がつくる訳だから、まさにそういうものだろう。
すごく、よく分かる気がします。

ウチで作る貼り箱も、この人の陶芸作品と比べるには気が引けますが(笑)、その感じに近いかなと思った。

商品にとって化粧箱とは?

単純に、モノ(貼り箱)として技術的によく出来てるとか、コストパフォーマンスがいいとか、そんなものではないように思う。

「どう作るかより、どう生きるか」というと流石に大げさかもしれないけど、「どう作るか(は、もちろんあるけど)」より、お客様にとって「何が必要か」「箱(パッケージ)がどういう役割を果たすか」。

そして貼り箱をつくる私たちが、それを「どう感じるか」「どう考えるか」「どう表現するか」。

そこなんだろうな…..。

<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<お客様インタビュー>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

IMG_091860.jpg

IMG_091000.jpg

IMG_091300.jpg

IMG_091700.jpg

IMG_091800.jpg

IMG_092000.jpg

素敵な商品を前に、パッケージに悩んでいらしゃるお客様へ

同じ思いで、ご相談いただいた事例がここにたくさんあります。<作品ギャラリー>もご覧になってください。化粧箱は売上にとって大切な存在なのです。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。

担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)