ブランドにとってパッケージ/化粧箱は資産or負債?

公開日:2020年08月26日(水)15:14|貼り箱

ブランディングに関してパッケージ/化粧箱/貼り箱を使うには、どうしても理想と現実のギャップ(特に費用面)があります。

貼り箱は、単なる包装資材ではなくブランドへの投資です。

それがブランドにとって資産なのか負債なのか(プラスに作用するか、マイナスに作用するか)短期ではなく、長期的な視点で考える必要があります。

ブランドの資産か負債か?

先行投資としてお金がかかることなので、それを基準に判断してみてください。
コストではなくブランドへの投資と考えると、貼り箱/化粧箱がまた違うものに見えてきますね.....。

ブランドにとってパッケージ、貼り箱は資産or負債なのかを考える、化粧箱、ブランディング
ブランドにとってパッケージ、貼り箱は資産or負債なのかを考える、化粧箱、ブランディング
ブランドにとってパッケージ、貼り箱は資産or負債なのかを考える、化粧箱、ブランディング)%</p>

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
単なる装飾的な付加価値ではありません。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)