機械で量産される今「手」の存在意義が問われてくる

公開日:2020年09月06日(日)18:46|貼り箱

考える手。

今や貼り箱は、自動化された機械で大量生産が出来ます。
典型的な例は、iPhoneの貼り箱。

見た目はシンプルでも、あれだけ高度な化粧箱でも自動化された機械で量産されています。

自動車に限らず、近い将来貼り箱の世界にもAIが導入され、一番最適な製造方法で簡単に貼り箱が作られるようになるかもしれません。

しかし、だからこそ人の「手」でつくることが存在意義が問われてくると感じます。
考える手。手で触り、手で組み立て、手で確かめる。手を動かすから脳が働く。貼り箱、パッケージ、化粧箱、紙箱
例えば自動車開発では、3次元CADが発達しコンピューター制御で何でもつくれる時代でも、クレイモデラーが存在します。

デザイナーのイメージを、クレイモデラーが工業用粘土(クレイ)を使って、最終的には人の手で立体造形していきます。コンピューター制御でも同じようなものはつくれますが、機械ではつくれない人間の感性に訴えかける造形美が存在するのです。

とはいえ貼り箱の特に大量生産では、納期やコストなど効率を考えると機械での量産が現実的に行われます。
弊社では量産はしていないので、1ロットが数百個〜多くても1,000個とか2,000個程度です。

モノをつくる職人は、手で触り、手で組み立て、手で確かめます。
指先から紙など素材を感じることで、貼り箱をどう加工するかを無意識の中で考えます。

手を動かすから脳が働く。
まさに、手と頭がつながっている感じ。

貼り箱がコンピューターで制御された機械で量産される今、「手」の存在意義が問われてくるのです......。



<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
単なる装飾的な付加価値ではありません。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)