コスト重視大量生産型から、高付加価値型への転換

公開日:2022年08月23日(火)ブランディング

特別感や希少性が、ブランド価値を高める
モノづくりにも、マーケティング力が必要
実は、その視点が大切

大量生産大量消費の時代は終わったと言われて久しいですね。でも今だに、日本企業はかつての成功体験が忘れられない様相です。

近年のコロナ禍やウクライナへのロシア侵攻、原材料高など様々な問題がある中で、同じような考え方の日本企業が多くあります。

それに対して、米国を代表するIT関連企業大手のGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)。最近は、マイクロソフトを加えたGAFAMとも言われ、5社の時価総額が東証一部(2020年現在、合計2,000社以上)の時価総額を超えています。

また欧州では、ブランド・コングロマリット(企業共同体)を代表するLVMH(ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー)が、2022年1~6月期は過去最高益になるなど好業績を出しています。

これらはすべて、日本でいう昭和時代の大量生産大量消費型ではなく、ブランドとしての高付加価値型のビジネスです。

特にLVMHなどの高級ブランドの考え方は、高付加価値の創造性豊かで職人的なモノづくりです。そこにブランディングやマーケティングを駆使して、モノ(スペック)だけでなく、その背景(ソフト)のブランドの世界感を描きます。

彼らは、コロナ禍などで世界的に経済環境が悪化しても売上は落ちません。もしろ、売上も利益も上がっている状況であり、そのくらい高付加価値型のビジネスなのです。

大量生産型から、高付加価値型への転換(パッケージデザイン編)
新規EC事業ではじめるクロコダイル長財布販売のパッケージ/化粧箱

高付加価値のパッケージデザイン
パッケージは、大切な顧客接点でありコミュニケーションツール

日本企業は高品質の商品をつくるのは得意ですが、目に見えない価値(ブランディングなどのソフト)を創造するのは苦手です。

ここを欧米ブランド並のレベルで高付加価値に変えられたら、全く違う世界が広がります。そこを、考えていく必要があります。

そして高付加価値ブランドの商品パッケージやパッケージデザインは、これぞブランドの「顔」をしています。ティファニーの、あのティファニー・ブルーのパッケージ然り。アップルのiPhoneの箱然りです。

有名ブランドには、そのブランドの「顔」ともいえる商品パッケージ/化粧箱が使われています。彼らにとって、商品パッケージはただの包装資材ではありません。
カテゴリーでいうと資材(コスト)ではなく、ブランディングでありマーケティングの一環(投資)なのです。

高付加価値型のビジネスでは、パッケージは重要なファクターの一つなのです。
そういう視点で、商品パッケージ/化粧箱/貼り箱を考えてください。
ブランドの世界が、違って観えると思います。

関連記事:

<お問い合わせ>は、こちらのページへ。
(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

大量生産型から、高付加価値型への転換(パッケージデザイン編)
高級バナナのギフトボックス・パッケージ/新たな市場開拓
大量生産型から、高付加価値型への転換(パッケージデザイン編)
幹細胞コスメ、スキンケアのパッケージ、化粧箱
大量生産型から、高付加価値型への転換(パッケージデザイン編)
特別な贈り物「桃のギフト」パッケージ/化粧箱

素敵な商品を前に、パッケージに悩んでいらしゃるお客様へ

同じ思いで、ご相談いただいた事例がここにたくさんあります。<作品ギャラリー>もご覧になってください。化粧箱は売上にとって大切な存在なのです。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。

担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)