商品パッケージは経営戦略のひとつ

公開日:2019年08月16日(金)16:01|貼り箱

先ほど「パッケージは商品の付加価値ですか?」の問いかけに

商品パッケージは、一番外側にある中身を表すもの。
そう考えると、装飾としての単なる付加価値ではないのです。

と書きました。

paperholder10.jpg

商品パッケージ。
弊社でいうと貼り箱と呼ばれる化粧箱ですが、見た目の派手さや豪華さのような装飾過多ではなく、紙など素材感を活かしたシンプルな美しい箱です。

パッケージの役割は、中身を保護する機能的な価値と商品やそのブランドを伝える感情的(情緒的)な価値があります。

保護する機能は必要ですが、もうひとつの大切な役目は商品の良さやブランドストーリーをお客様にしっかりと伝えること。
そして最終的にはお客様に何らかの行動、動いてもらうことです。

商品に対して

興味をもってもらう。
手に取ってもらう。
気に入ってもらう。
購入してもらう。

そして最後は、ファンになってもらう。

どんなに素晴らしい商品でもお客様に購入(購買)してもらい、使って(食べて?)もらわないと、その良さは伝わりません。

hinbox3.jpg

パッケージは、そのためのツールでもあります。
言い換えれば、「経営戦略」の一つといっても過言ではありません。
経営にとっては、そのくらい重要なものなのです。

よくあるのは商品開発に全力を注いで(あたりまえですが)、やっと商品ができていざ販売となったときにパッケージのことが抜けていた。もしくは、パッケージの予算はほとんどみていない。というケースです。

本来パッケージは商品と同じような考え方で、開発スケジュールや予算をかけるべきだと思いますが、結局は後回しにされているのがほとんどです。

商品パッケージは、経営戦略のひとつ。
商品企画や開発、マーケティングや営業担当の方々には、そういう意識をもっていただきたいですね。

<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)

商品パッケージは、経営戦略のひとつ

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
 モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
 パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
 単なる装飾的な付加価値ではありません。

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)