すぐに利益にならないのは無駄?パッケージは単なるコストではない!!

公開日:2019年03月08日(金)10:49|ブランディング

以前、住宅設備機器の大手メーカー、デザインや商品企画を担当する方からご相談いただいた貼り箱の案件。
住宅リフォームをしたときに、現状は新しい「キー」をお客様にお渡しするのにそのまま渡しているとのこと。
それが普通なのですが、それを化粧箱(貼り箱)に入れてお渡しすることで、お客様への感謝の気持ち、満足感を演出できます。

そして、自社のブランド価値も高めることが出来るとの思いでお話をいただきました。

パッケージは、担当部署によって捉え方の意味が変わる。
営業部とデザイン・企画部では、貼り箱の価値が違います。

まさにパッケージによるブランディングであり、お客様にも喜んでいただけると思います。

そんな発想から、デザイン・商品企画の担当者の方とやり取りをしていました。
まずは予算確保のためと、先方も社内調整をされていました。
ところがよくある話ですが、営業部門を中心に横槍が入ります。
日本を代表するよう大手企業でさえ、まだまだブランディングに対する認識が薄い企業は少なくなくありません。

すぐに、利益にならないことは無駄?
パッケージは単なるコストではなく、ブランドへの投資。

特に営業部門にとっては、パッケージは単なる包装資材であり「コスト(生産費)」です。
そう考えると当然安い方がいい。もっといえば、「ゼロ」がいい訳です。

今まで「キー」はそのまま渡していたので、パッケージの「コスト=ゼロ」でした。
そこにお金を掛ける。費用が発生するのは、「悪」という考え方なのでしょう。

しかし世界的なブランドは、その一見「無駄」に見えることに膨大な投資をすることがよくあります。
パッケージはマーケティングにおけるプロモーションの意味もありますし、例えば有名ファッションブランドで買い物をしたときのペーパーバッグ(手提げ袋)はブランド戦略の一つです。

パッケージはお客様と企業をつなぐ大切な接点、
コンタクト(タッチ)ポイントです。

有名な話では、アップルのiPhoneパッケージ(貼り箱)があります。
最近は自動化機械が進歩したおかげで以前に比べると費用は下がってきていると思いますが、年間2億台以上販売するパッケージとしては、アップルはとんでもないお金を掛けています。
パッケージは、お客様と企業をつなぐ大切な接点、コンタクト(タッチ)ポイントであり入り口です。

ブランディングは、単純に「効率」や「コストパフォーマンス」では計れないことが多いので、あくまでも会社(経営者)の判断になります。これらはコストだけではなく投資であり、これによってブランド価値は大きく変わります。

パッケージをどうしようかと悩んでいる貴方〜!!
貼り箱はブランド価値を高めるための投資だと、目線を変えてみてはいかがでしょうか。

バッグチャームのギフトボックス、貼り箱
こんなギフトボックスに入っていたら、思わず欲しいと思いませんか?
https://www.hakoya.biz/item/cosme-accessory/item_866.html

iPhone貼り箱のような高級感のある仕上げのパッケージ(化粧箱)
金属の加工サンプルを化粧箱に入れることで、ブランド価値を高める。
https://www.hakoya.biz/item/equipment/item_927.html

カタログ、会社案内用貼り箱(ケース)
お客様にカタログや会社案内、資料をお渡しするためのパッケージ。
https://www.hakoya.biz/item/document/item_878.html

パッケージによるブランディング、貼箱、コンタクトポイン、タッチポイント
パッケージによるブランディング、貼箱、コンタクトポイン、タッチポイント
パッケージによるブランディング、貼箱、コンタクトポイン、タッチポイント

★“包む”を、新しい“価値”へ。オリジナル貼り箱企画製造★
「モノ」を包むんじゃない。「価値」を包むんだ。

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼り箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)