貼箱ブランディング・プロデューサーとは?

公開日:2019年10月21日(月)14:42|ブランディング

貼箱を通してブランドをプロデュース
顧客の求める新しい価値を創造する

貼箱ディレクターとは「貼箱・製作」するためのプランニングや、貼り箱製作全行程のディレクション(総指揮、進行管理)する仕事です。

そもそもブランドとは、牧場で飼育している自分の牛に「それが自分の牛」だとわかるように、焼印を押したことが由来です。
自分の牛と他の牧場の牛を、見分けるためのものです。

ブランディングとは、自社と他社の企業もしくはその製品やサービスを区分して差異化させること。
つまり、自分たちは他の企業とは明確な違いがあり、独自性(オリジナリティ)があることを見えるカタチにすることです。

ここでいう「差異化」とは、差別化という同じベクトル上の違いではなく、それとは全く違う自社独自のベクトルでの違いを指します。

そのためにはロゴをつくるとか、パッケージをカッコよくするなど単なる見た目をよくするのではなく、企業や商品のコンセプトやビジョンなどもっと本質的なことをデザイン(見える化)していくことです。

弊社は、商品パッケージとして貼箱を企画・デザイン・製作する会社です。
モノとしては「貼箱」という目に見えるものをつくっていますが、私たちの本当のミッションは貼箱を通してお客様の「ブランド価値を高める」コトです。

貼箱を通したブランディング、つまり貼箱ブランディングをプロデュース(顧客の求める新しい価値を創造)する仕事です。

--- 事 例 紹 介 ---

  • 「感謝の気持ち」チョコレート貼り箱、化粧箱&ブランディングプロデュース
     詳細は、こちらをご覧ください。

  • コンセプトから創る「上質感」という、シンプルで美しいソフトウェアパッケージ(貼り箱)
     詳細は、こちらをご覧ください。

貼箱を通してブランドをプロデュース、顧客の求める新しい価値創造、貼り箱、化粧箱、パッケージ
貼箱を通してブランドをプロデュース、顧客の求める新しい価値創造、貼り箱、化粧箱、パッケージ
貼箱を通してブランドをプロデュース、顧客の求める新しい価値創造、貼り箱、化粧箱、パッケージ

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
 モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
 パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
 単なる装飾的な付加価値ではありません。

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

06-6653-1225

貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)