貼箱のブレンダー:「貼箱士」村上誠のブログ

「BtoB」マーケット(市場)のパッケージ

2018年09月12日(水)09:38|貼箱

私たちがつくる貼箱は普段は「BtoC」、つまり一般商材のオリジナル・ギフトボックスなどのご依頼が殆どです。
しかし最近は産業用機械メーカーなど、「BtoB」企業からのご依頼が時々あります。

貼箱のような化粧箱は一般消費者向けのパッケージばかりだという固定概念がありますが、「BtoB(企業から企業)」の製品にも需要があるのかもしれません。

あるときは、「取引先向けに自社製品のサンプルを届けるために、製品を化粧箱(貼箱)に入れたい。」など、本来は化粧箱は使わずにそのまま渡していたとか、封筒に入れて渡していたとかいう案件です。

しかし同じものでもそのまま渡されるのと、それがキレイな化粧箱に入っているのとでは恐らく「意味合い」が違ってきます。もちろん「製品」そのものに変わりはないのですが、受け取る側の「気持ち」や「感じ方」が違ってくるのだと思います。

おもしろいですよね.......!!

もしかすると「BtoC(企業から一般消費者)」のみならず、「BtoB(企業から企業)」というマーケット(市場)が眠っているのかもしれないですね。

iPhone箱のような高級感のある仕上げの化粧箱
https://www.hakoya.biz/item/equipment/item_927.html

CMFデザイン、貼箱、「BtoB」というマーケット(市場)のパッケージ

★感性品質への「こだわり」オリジナルパッケージ(貼箱)企画・製造★

村上紙器工業所

手間をかけることは、「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが、私たちの仕事です。

感性品質とは、性能や効率だけではなく、「心地よい」「官能的」
「温もりがある」など、デザインや素材感を活かし、
人の”感性”に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな”ゾクゾクするほどの美しさ”や”ワクワク感”のある貼箱を、
私たちはは作っていきたいと考えています。
そして、あなたの”名脇役”になりたい……。

コメント

このページの先頭に戻る