パッケージで変わるワクワク感とは?

公開日:2020年07月22日(水)15:40|貼り箱

桃ギフト化粧箱のビフォー/アフター

HOPE園さんのご依頼で企画・製作させていただいた貼り箱ですが、そのビフォー/アフターがこちらです。

従来は、一般的な段ボール箱を使われていました。

ビフォー/段ボール箱
パッケージで変わるワクワク感、ブランディング、マーケティング、ブランドへの投資、化粧箱、ユーザーエクスペリエンス

アフター/貼り箱(はりばこ)
パッケージで変わるワクワク感、ブランディング、マーケティング、ブランドへの投資、化粧箱、ユーザーエクスペリエンス、ワオ!

化粧箱が「Wow(ワオ)!」を生み出す

それを、貼り箱に代えるとご覧の通り。
まったく見た感じの印象、イメージが変わります。
まさに、ワオ!(すごい)という感じ〜!!

もちろん段ボール箱の数倍〜?のお金はかかりますが、ギフトとしていただいても自分用に購入しても、パッケージを見た瞬間のわくわく感は段ボール箱とは全然違ったものになります。

この「わくわく感」こそが、商品の価値を別次元の体験(UX:ユーザーエクスペリエンス)にしてくれます。

例えば、ブロードウェイのミュージカルはその舞台装置から衣装にいたるまで、一流のものになると制作に数十億円もの投資をすると言われます。

これは、単なるコストではありません。
稼ぐための「投資」です。

次元はちょっと違いますが、商品パッケージ・化粧箱はマーケティングとして捉えると同じ意味があります。
包装資材という「コストではない」と思っていただけるとありがたいです。

パッケージは、稼ぐためのブランドへの投資です。

詳細は、こちらをご覧ください。
<特別な贈り物「桃のギフト」化粧箱、貼り箱>
 https://www.hakoya.biz/item/bottle/item_1179.html

<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

パッケージで変わるワクワク感、ブランディング、マーケティング、ブランドへの投資、化粧箱、ユーザーエクスペリエンス、ワオ!、Wow
パッケージで変わるワクワク感、ブランディング、マーケティング、ブランドへの投資、化粧箱、ユーザーエクスペリエンス、ワオ!、Wow
パッケージで変わるワクワク感、ブランディング、マーケティング、ブランドへの投資、化粧箱、ユーザーエクスペリエンス、ワオ!、Wow

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
 モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
 パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
 単なる装飾的な付加価値ではありません。

意思を運ぶ箱。貼り箱以上。村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)