貼り箱を探す

特別な贈り物「桃のギフト」化粧箱、貼り箱

公開日:2020年07月21日(火)10:19

山梨産の桃(もも)ギフト

山梨の果樹農家、10種以上の桃を作っておられるHOPE園さんのご依頼で「桃のギフトセット」のパッケージ。化粧箱、貼り箱(はりばこ)です。

感動、農産品、農産物、農業女子、ギフトパッケージ、ギフトボックス、山梨、桃、農園、農家、農業、贈答用、産地直送、果物好きと繋がりたい、化粧箱、貼り箱、桃農家、もも、モモ、マーケティング、ブランディング
感動、農産品、農産物、農業女子、ギフトパッケージ、ギフトボックス、山梨、桃、農園、農家、農業、贈答用、産地直送、果物好きと繋がりたい、化粧箱、貼り箱、桃農家、もも、モモ、マーケティング、ブランディング

おひさまの恵み
贈答用果物ギフトボックス

HOPE園さんの「お客様に感動をより感じてもらうには、桃を入れる箱にもこだわりを持ちたい」という思いを叶えるべく、貼り箱の企画・デザイン、製作をさせていただきました。

果物や野菜など農産品の贈答用パッケージは、コスト的なことがあり化粧箱としては段ボール箱を使うのが一般的です。

気軽に取り扱えますし、段ボール箱のような「組み箱」なら折りたたんだ状態で保管できます。
その点「貼り箱」は、完成形として納品されますので折りたためません。

保管だけでもかさばりますし、取り扱いには注意が必要です。
特にお客様へ送るときの梱包が、意外な死角になります。

感動、農産品、農産物、農業女子、ギフトパッケージ、ギフトボックス、山梨、桃、農園、農家、農業、贈答用、産地直送、果物好きと繋がりたい、化粧箱、貼り箱、桃農家、もも、モモ、マーケティング、ブランディング
感動、農産品、農産物、農業女子、ギフトパッケージ、ギフトボックス、山梨、桃、農園、農家、農業、贈答用、産地直送、果物好きと繋がりたい、化粧箱、貼り箱、桃農家、もも、モモ、マーケティング、ブランディング
感動、農産品、農産物、農業女子、ギフトパッケージ、ギフトボックス、山梨、桃、農園、農家、農業、贈答用、産地直送、果物好きと繋がりたい、化粧箱、貼り箱、桃農家、もも、モモ、マーケティング、ブランディング

貼り箱は、とてもデリケートなパッケージです。
弊社からお客様へ納品するとき運送便で送るのですが、段ボール箱に貼り箱を詰めます。
その時、段ボール箱の中に目一杯入れるのではなく、必ず空間を取って新聞紙などを詰めます。

ご想像のように、一般的に運送便では荷物(段ボール箱)は中々一つ一つを丁寧には扱われません。
大量の荷物を扱うわけですから、それは仕方がないことです。
段ボール箱の特に角が、どこかに当たって少し凹むなんてことは普通に起こります。

そうなっても中の貼り箱に影響しないように必ず隙間(空間)をつくり、直接貼り箱に傷がついたり凹んだりしないように工夫をします。

貼り箱をどこかに送るだけでも、かなり気を使わねばなりません。
それだけ、デリケートな化粧箱です。

感動、農産品、農産物、農業女子、ギフトパッケージ、ギフトボックス、山梨、桃、農園、農家、農業、贈答用、産地直送、果物好きと繋がりたい、化粧箱、貼り箱、桃農家、もも、モモ、マーケティング、ブランディング

しかしその分、とても繊細な紙の質感や色、丁寧な仕上がりの化粧箱でもあります。
一般的な組み箱(段ボール箱、トムソン箱)は、パッケージデザイン(グラフィック)としては基本的に印刷です。

それに対して貼り箱は、中芯となるボール紙(1〜2mm程度の厚紙)に、ファンシーペーパーと呼ばれる装飾性の高い色やエンボス(表面の凹凸)を施した風合いのある紙を接着剤(ニカワ)を使って貼って作る箱です。

ビジュアル的なデザインというよりも、紙(素材)の持つ色や手触り感、風合いを感じてもらえる化粧箱です。

段ボール箱などに比べると、価格的には決して安価なものではありませんが、化粧箱としての価値はお客様が貼り箱を手にしたときにはっきりと感じていただけると思います。

ここに「お客様に感動をより感じてもらう」という、HOPE園さんの思いが込められているのです。

<パッケージから農業を変える?!>
https://www.hakoya.biz/blog/haribako/item_1192.html

感動、農産品、農産物、農業女子、ギフトパッケージ、ギフトボックス、山梨、桃、農園、農家、農業、贈答用、産地直送、果物好きと繋がりたい、化粧箱、貼り箱、桃農家、もも、モモ、マーケティング、ブランディング

大切な方への大切な贈り物
エレガントな香りと色彩を届ける
ブランドの世界観をつくる箱

貼り箱の形式は、インロー式。
色は、白とリモーネ(イタリア語でレモンを意味するレモンイエロー)。
爽やかな白と、熟したレモンの果皮のような「あざやかな緑みの黄色」で、ほんのり赤味がかった桃との絶妙なコントラストを描いています。

本来商品パッケージは、送り手とお客様との接点(コンタクトポイント)であり、お客様とのコミュニケーションには大切なものです。
そしてマーケティングやブランディングにおいても、とても重要なツールでもあります。

思いを込めてつくった桃
お洒落な化粧箱に入れてみたい

この貼り箱は、今までの農産品(果物)ギフトの化粧箱にはあまりなかった「お客様に感動をより感じてもらう」ことを強く意識したギフト箱に仕上げました。

インターネットなどを通じて、生産者・つくり手と消費者が直接つながることが出来る今だからこそ、パッケージ・化粧箱が生産者の思いを届けるお手伝いになると思います。

感動、農産品、農産物、農業女子、ギフトパッケージ、ギフトボックス、山梨、桃、農園、農家、農業、贈答用、産地直送、果物好きと繋がりたい、化粧箱、貼り箱、桃農家、もも、モモ、マーケティング、ブランディング
感動、農産品、農産物、農業女子、ギフトパッケージ、ギフトボックス、山梨、桃、農園、農家、農業、贈答用、産地直送、果物好きと繋がりたい、化粧箱、貼り箱、桃農家、もも、モモ、マーケティング、ブランディング

HOPE GARDEN
https://hopeen.net/

オンラインショップ
https://hopeen.net/shop/

山梨育ちの自慢の果物を、特別なギフトに。

桃の糖度はそれぞれ。
大きさは一緒に見えても、甘さは違うもの。

HOPE園の逸品は12.5度以上のものだけを、桃用の糖度を測る光センサーに、ひとつひとつ手でかざして厳選しております。

3か所測り、選別し、傷をつけぬよう、優しく箱に詰めていきます。
そして、その箱は”HOPE園とはどんな農家”を表現してくれる、村上紙器工業所さんとの共作。

色、形、深さ、開ける時の音、全てに気持ちを込めてもらっています。

桃を食べた終わった後も、インテリアやアクセサリーとして使ってもらえるよう、ロゴなどは一切入れておりません。

この箱で、誰かに贈り物をしてみたり。大切なものを保管してみたり。
楽しんで頂けると、本望です。
日かげで、暑すぎない所において、飾ってください。

HOPE GARDEN様のサイトより

<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

感動、農産品、農産物、農業女子、ギフトパッケージ、ギフトボックス、山梨、桃、農園、農家、農業、贈答用、産地直送、果物好きと繋がりたい、化粧箱、貼り箱、桃農家、もも、モモ、マーケティング、ブランディング
感動、農産品、農産物、農業女子、ギフトパッケージ、ギフトボックス、山梨、桃、農園、農家、農業、贈答用、産地直送、果物好きと繋がりたい、化粧箱、貼り箱、桃農家、もも、モモ、マーケティング、ブランディング
感動、農産品、農産物、農業女子、ギフトパッケージ、ギフトボックス、山梨、桃、農園、農家、農業、贈答用、産地直送、果物好きと繋がりたい、化粧箱、貼り箱、桃農家、もも、モモ、マーケティング、ブランディング
HOPE園の代表:青木竜一さん
感動、農産品、農産物、農業女子、ギフトパッケージ、ギフトボックス、山梨、桃、農園、農家、農業、贈答用、産地直送、果物好きと繋がりたい、化粧箱、貼り箱、桃農家、もも、モモ、マーケティング、ブランディング
感動、農産品、農産物、農業女子、ギフトパッケージ、ギフトボックス、山梨、桃、農園、農家、農業、贈答用、産地直送、果物好きと繋がりたい、化粧箱、貼り箱、桃農家、もも、モモ、マーケティング、ブランディング


撮影:EOS 6D Mark II+EF24-70/4L
Photo by Makoto Murakami


貼り箱についてのご相談は、こちら から気軽にお問い合わせください。
(まずは、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)


※写真をクリックで拡大、矢印キー(◀▶)で写真がスライドします。


当サイトに掲載されている写真の著作権は、村上紙器工業所および作品の作者にあります。
許可なく写真の転載をすることはできません。
写真の掲載を希望される方は、事前にご連絡下さい。

お問合せページへ

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)