商品パッケージは、コストダウンだけを考えてはダメ!!

公開日:2019年04月25日(木)14:31|ブランディング

役割はモノを「包む」だけではない

商品を市場に出すためにはモノである以上、それを包装する化粧箱、パッケージ(紙箱)が必要になります。
パッケージには商品を保護するという基本的な役割がありますが、それだけではありません。

商品の「情報」を伝えることもそうですし、そのブランドの「価値」を伝える。そして、そのブランド価値を「高める」という大きな役割があります。
それは商品力、しいてはブランド力に直結します。結果的に、商品の売上をも左右します。

そうするとパッケージ、紙箱を単にコストと考えていいのでしょうか?
パッケージのコストダウンすることは、決して悪いことではありません。
一つの方法です。
しかしそれだけに捉えられると、目に見えない大きなもんを失うかもしれません。

ブランドとはシャネルやグッチ、アップルやアマゾンといった巨大企業のものだけではありません。中小企業や零細企業でも、独自の技術やその思いから作ったものはブランドとなります。

一般に経営資産は「ヒト、モノ、カネ」といいますが、目に見えない「ブランド力」も大きな経営資産です。

パッケージは、ブランド力への投資

商品を包みそのブランド価値を高める一つが、商品パッケージに他なりません。
とすると、「パッケージはコストダウン」だけを考えるのはある意味とても危険です。
大切なブランド資産の価値を、弱めることにもなりかねません。

商品パッケージは、大事な「経営資産への投資」という考え方もブランドマーケティングの一つです。
その典型的な事例は、米国アップルのiPhoneの箱です。実はあれも貼り箱ですが、年間販売台数2億台と言われる大量生産品のパッケージとしてはアップルすごい投資をしています。
実際の原価はわかりませんが噂では1個数百円とも言われており、もしそうだとするとiPhoneの販売売上も膨大ながら、その商品パッケージに少なくとも数百億円?〜は投資をしているということになります。日本のメーカーなら、まずあり得ないでしょう。何故なら、「パッケージはコスト」との考え方だからです。
しかし、アップルはそうは考えなかった。箱に、ブランドとしての「価値」を見出したからです。おかげで顧客がiPhoneを買ったとき、箱から取り出すことを「開封の儀」と称してそのときの様子をYouTubeなどにアップした映像が世界で数十万件あるらしいです。

iPhoneの箱は一つのブランド・メッセージ

これらをもし広告費に換算したら、膨大な金額になります。
もちろんアップルがそうしてくださいとお願いしたわけでもなく、ファンが勝手に宣伝してくれています。これがごく普通にある紙箱だったら、こんなことは起きなかったでしょう。iPhoneの箱はまさにブランディングのためのツールであり、パッケージを通してのブランド・メッセージ。ブランド価値を伝え、そして高めることの出来る投資なのです.......。

新しいスタイルを提案するジュエリーブランドのパッケージ、紙箱
https://www.hakoya.biz/item/cosme-accessory/item_1052.html

最高級素材と職人技による魂のiPhone革ケース、パッケージ
https://www.hakoya.biz/item/cosme-accessory/item_948.html

ギフトにもなるトイレットペーパーホルダー化粧箱、紙箱
https://www.hakoya.biz/item/equipment/item_1048.html

<貼り箱士のブログ>  https://www.hakoya.biz/blog/
<目的から作例を探す> https://www.hakoya.biz/item/
<作例を写真で探す>  http://www.hakoya.biz/item/gallery.html
<お問い合わせ>    https://www.hakoya.biz/inquiry/

パッケージはコストダウンだけを考えない、ブランド資産、紙箱、化粧箱、人の心を動かすパッケージ
パッケージはコストダウンだけを考えない、ブランド資産、紙箱、化粧箱、人の心を動かすパッケージ

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
 モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
「包む」から、新しい「価値」を作る会社です。

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)