貼り箱を探す

USBメモリケース/パッケージ/化粧箱

公開日:2020年05月12日(火)16:21

パッケージは大切なお客様とのコンタクトポイント

以前DVDケースをご注文いただいた、ウエディング&映像制作をされているお客様(SHOWA create / 株式会社 勝和)からの新たなご依頼です。

結婚式のビデオ映像メディアは、時代とともに変わってきました。
弊社でも以前は、VHSビデオテープのパッケージが主流で、そこからDVDディスク用ケースに変わりました。

今でもDVDディスク用のパッケージは多く流通していますし、そこにUSBメモリケースが出てきたという感じでしょうか。
高級オリジナル紙製DVDケースは、こちらをご覧ください。

USBメモリケース、パッケージ、貼り箱、化粧箱、大切な思い出を残す、ブランディング、ブライダルムービー、ウェディングムービー、映像制作、データ保存

ウエディング映像は、一生に一度の大切な思い出を残すためのもの。
そのUSBメモリケース(貼り箱)は、それに見合う品質が必要です。

映像制作会社の中には、納品時のパッケージにこだわらない、コスト優先というところが少なくありません。
それは、映像業界に限ったことではありません。

どの業界でもあくまでも中身(商品)が主役で、それを収めるパッケージは包装資材。それなりの見栄えで、低コストの方がいいと。
その考え方も、間違ってはいません。どうしても考え方や価値観の違いで、いろんな方がおられます。

しかし大切な商品になればなるほど、パッケージ・化粧箱は商品や企業とお客様をつなぐ大切な接点/コンタクトポイントです。

特にウエディング映像は、お客様の手元に届いて、パッケージから取り出す。
喜びとワクワク感があり、それからずっと大切に持っておくものです。

USBメモリケース、パッケージ、貼り箱、化粧箱、紙箱、大切な思い出を残す、ブランディング、ブライダルムービー、ウェディングムービー、映像制作、データ保存
USBメモリケース、パッケージ、貼り箱、化粧箱、紙箱、大切な思い出を残す、ブランディング、ブライダルムービー、ウェディングムービー、映像制作、データ保存

商品そのものが映像、つまりコンテンツというデジタル・データです。
いわば、カタチのないもの。

音楽でいえば昔はレコードがあり、それがCDに変わり、ついには音楽配信というカタチのないものに変わりました。

音楽自体は目に見えないものですが、レコードやCDで所有している実感がありました。
何よりジャケットのデザインを眺めたり、飾ったりする喜びがありました。
「ジャケ買い」なる、ジャケットの好き嫌いで商品を選ぶ行為は、今となっては懐かしく思われます。

そこに、「パッケージ」という大きな存在があったのです。

デジタル時代のお客様との接点

今のデジタルな時代だからこそ、商品や企業とお客様をつなぐ大切な接点(商品パッケージ)を真剣に考えるときかもしれないです。

こんなUSBメモリのパッケージで届いたら、より大切に残しておきたいですね〜。

商品説明:データ保存用USBメモリケース
貼り箱本体は、ブック式。
内装(ゲス)は、高級ウレタン仕様。
本体カバーとして、スリーブ(筒状のカバー)が付属します。

<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

USBメモリケース、パッケージ、貼り箱、化粧箱、紙箱、大切な思い出を残す、ブランディング、ブライダルムービー、ウェディングムービー、映像制作、データ保存
USBメモリケース、パッケージ、貼り箱、化粧箱、紙箱、大切な思い出を残す、ブランディング、ブライダルムービー、ウェディングムービー、映像制作、データ保存
USBメモリケース、パッケージ、貼り箱、化粧箱、大切な思い出を残す、ブランディング、ブライダルムービー、ウェディングムービー、映像制作、データ保存
USBメモリケース、パッケージ、貼り箱、化粧箱、大切な思い出を残す、ブランディング
USBメモリケース、パッケージ、貼り箱、化粧箱、大切な思い出を残す、ブランディング
USBメモリケース、パッケージ、貼り箱、化粧箱、大切な思い出を残す、ブランディング

撮影:EOS 6D Mark II +Makro-Planar T* 60/2.8
Photo by Makoto Murakami

貼り箱についてのご相談は、こちら から気軽にお問い合わせください。
(まずは、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで。)

※写真をクリックで拡大、矢印キー(◀▶)で写真がスライドします。

当サイトに掲載されている写真の著作権は、村上紙器工業所および作品の作者にあります。
許可なく写真の転載をすることはできません。
写真の掲載を希望される方は、事前にご連絡下さい。

お問合せページへ

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)