貼り箱は95%の非言語領域のデザイン

公開日:2019年12月05日(木)16:39|貼り箱

普段、私たちが生活する中で認識するもののうち、言葉として表現できるものは約5%くらいだといわれています。
残りの約95パーセントは感覚や感情、感性で認識しているため、ロジカルには言葉として説明できません。そしてこれを「非言語領域」と呼びます。

商品のパッケージ。量産される一般流通品(例えば、大手メーカーの食品など)は、ビジュアルとコピーを組み合わせた化粧箱(トムソン箱)を使うので、これらはある意味「言語化」されているパッケージといえます。

つまりマーケティング戦略的に、とても計算されたパッケージデザインです。

貼り箱は95%の非言語領域のデザイン、パッケージ、化粧箱、ブランド

感性的なパッケージデザイン

しかし私たちがつくる貼り箱は、これらとは少し違います。
特に弊社でつくる化粧箱、貼り箱はビジュアルやコピーを組み合わせたデザインではありません。

しいて言えば、もっと感性的なパッケージデザインです。それは主に、紙など素材の質感を活かした箱です。

パッケージは、お客様が中身の商品よりも先に目にして触るものです。
パッケージの印象が、その商品ブランドのイメージを決めると言ってもいい存在です。

貼り箱は、商品パッケージとしては高価な部類に入りますが、その分ブランドイメージを感じさせてくれるパッケージです。

貼り箱は95%の非言語領域のデザイン、パッケージ、化粧箱、ブランド

素材の質感、人の手で感じる感覚

そこには、素材の持つ質感が大きく関係しています。
印刷で表現されたビジュアルではなく、質感という人の手で感じる感覚です。
もちろんビジュアルや色など視覚からの情報は、人間にとってとても大きな情報です。

それにも増して手に触れた感触は、脳に立体的な感情を与えてくれます。
それは理屈ではない数値化することが出来ない、まさに非言語領域の感覚です。

貼り箱の持つ、皮膚感覚のデザイン。
みなさんも、試してみてはいかがでしょうか?

---感性に訴えるデザイン---
商品パッケージでブランド価値を高める〜「フェラーリ」を例に〜
https://www.hakoya.biz/blog/haribako/item_1108.html

<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

貼り箱は95%の非言語領域のデザイン、パッケージ、化粧箱、ブランド

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
 モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
 パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
 単なる装飾的な付加価値ではありません。

意思を運ぶ箱。貼り箱以上。村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)