パッケージ(貼り箱)は、素材で決まる!!

公開日:2018年09月18日(火)11:26|貼り箱

商品パッケージ(箱)は、紙で出来ています。
といっても、段ボールもあればトムソン箱(組み箱)もあります。
トムソン箱は、一般的に「コートボール(白板紙)」を使います。表面に印刷や表面加工をするのが前提で、ビジュアル的には多彩ですが、表面の質感や素材感というのはあまりありません。

それに対して「貼り箱」は逆に、質感や素材感が "命" といってもいいかもしれません。
特に弊社の場合、印刷した紙を貼ることは殆どなく、主にファンシーペーパー(エンボスなど質感のある装飾性のある紙)といわれる個性的な紙を中芯であるボール紙の上に貼っていきます。

ファンシーペーパーは、印刷を前提としたコート紙やアート紙ではなく、とても素材感のある紙です。
そして、いろいろな色や質感のものがあります。

コットンのようなやわらかくてやさしい感じの紙、壁紙のようなしゃきっとした高級感のある紙、和紙だと繊維質がそのまま残っている紙、ちょっと表面加工を施した優しいパール紙など.......。

また、弊社は紙だけでなく、布生地なんかも貼ることが出来ます。
一般的によく使われる「細布(さいふ)」という、糸の細かな生地やちょっと光沢感のある生地、植毛材のスエードなど。
もちろん紙に比べると高価ですが、高級品の貼箱に使われることが多いですね。

貼り箱は、サーフェイス(表面)を構成する「COLOR(色)、MATERIAL(素材)、FINISH(仕上げ)」の3つの要素(CMFデザイン)によって、パッケージの質感を大切にしています。
CMFデザインはコピーやビジュアルではなく、貼り箱そのものの "表情(サーフェイス)" から美しさやグレード感、そして商品の存在感を言語を介さずに表現してくれます。

今は高度な印刷技術でビジュアル表現が可能ですが、パッケージのサーフェイス(表面)がその "ブランド" を語る。
そんなパッケージとして「貼り箱」があるとしたら、マーケティングのプロダクトやプロモーションとして存在感を感じられるでしょう。

<作例を写真で探す>
http://www.hakoya.biz/item/gallery.html

パッケージ(貼り箱)は、素材で決まる!! ブランディング マーケティング CMFデザイン
パッケージ(貼り箱)は、素材で決まる!! ブランディング マーケティング CMFデザイン
パッケージ(貼り箱)は、素材で決まる!! ブランディング マーケティング CMFデザイン
パッケージ(貼り箱)は、素材で決まる!! ブランディング マーケティング CMFデザイン
パッケージ(貼り箱)は、素材で決まる!! ブランディング マーケティング CMFデザイン

パッケージ(貼り箱)は、素材で決まる!! ブランディング マーケティング CMFデザイン
パッケージ(貼り箱)は、素材で決まる!! ブランディング マーケティング CMFデザイン

★ブランド価値を高めるパッケージ。オリジナル貼り箱企画製造★

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼り箱について、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠

営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30