商品パッケージ(貼り箱)は、まさにマーケティングでありブランド資産。

公開日:2018年09月17日(月)14:42|ブランディング

マーケティングの重要ポイントとしてパッケージデザインで魅せ方をつくり、本質を言語化できれば、ブランドとしての「価値」が変わります.......。

まさに商品の「顔」ともいうべき "パッケージ" ですが、顧客との重要なコンタクトポイントです。
パッケージでは一般的に「デザイン」が重要といわれますが、デザインとはビジュアル(視覚的なデザイン)だけではありません。

いわゆる組み箱(トムソン箱)ではビジュアルの部分が大きいですが、私たちがつくっている貼り箱は、ビジュアルというより大きな要素は素材感です。
つまりファンシーペーパー(エンボスなど質感のある装飾性のある紙)など個性的な紙をボール紙(芯材)に貼って作ります。
ビジュアルよりもシンプルで洗練されたデザインで、色、素材、仕上げを重視しています(CMFデザイン)。
(弊社では、紙だけでなく布生地なども貼ります。)

これらの仕上げられた貼り箱の役割は「商品」から、プレミアム感のある「ブランド」へと導いてくれます。まさに、パッケージによるブランディングです。
アップルのブランドを象徴する iPhoneのパッケージ(あれも貼り箱です)は、その典型例でしょう。
もちろんその分の費用は必要ですが、貼箱はマーケティングとしてのプロダクトやプロモーションの一部でもあります。

そしてそれは、包装資材としての単なる "コスト" ではなく、長い目で見れば "投資" であり、"ブランド資産" となってくれるはずです........。

<作例を写真で探す>
http://www.hakoya.biz/item/gallery.html

商品パッケージ(貼り箱)は、まさにマーケティングでありブランド資産。
商品パッケージ(貼り箱)は、まさにマーケティングでありブランド資産。
商品パッケージ(貼り箱)は、まさにマーケティングでありブランド資産。
商品パッケージ(貼り箱)は、まさにマーケティングでありブランド資産。
商品パッケージ(貼り箱)は、まさにマーケティングでありブランド資産。
商品パッケージ(貼り箱)は、まさにマーケティングでありブランド資産。
商品パッケージ(貼り箱)は、まさにマーケティングでありブランド資産。

★ブランド価値を高めるパッケージ。オリジナル貼り箱企画製造★

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼り箱について、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠

営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30