箱の設計は、わずかな「控え」が品質を決める

公開日:2020年11月13日(金)10:47|貼り箱

7年使ってるMacbookAirを買い換えようかと思っていた矢先、Macminiの調子が悪くなって一時的に代替えになるかとMacbookPro(13インチ)を購入しました。

設計はわずかな控えが品質を決める、貼り箱、化粧箱、パッケージデザイン

最初は新しいAppleSiliconと思ってましたが、PhotoshopやIllustratorがちゃんと動くのか不安だったので、無難な現行のインテルMacにしました。

はじめてのMacbookProなので、箱をみてビックリ。
今使ってるMacbookAirでも箱の厚みは1〜1.5mm程度なのに、なんと5mm以上はあります。単純に考えると商品の「保護」を優先してる風ですが、Appleの洗練されたイメージとはちょっと違います。

MacbookAirより重いし保護性を考えるとわかるんですが、今までの化粧箱を考えると何かもっちゃりとした感じ。笑
ここは、今まで通りの厚みでもいいような気がします。

設計はわずかな控えが品質を決める、貼り箱、化粧箱、パッケージデザイン
設計はわずかな控えが品質を決める、貼り箱、化粧箱、パッケージデザイン

もちろん、基本的な作りは同じ(iPhone箱は貼り箱、iPadなどは貼り箱とトムソン箱の合いの子?)なんですが、設計や製造がイマイチ精度が劣る感じです。

箱の角部分をみるとよくわかりますが、長辺に対して短辺がちょうどくらいの長さで、この構造で作るとそれだと短辺がわずかに飛び出すため触った時に引っかかります。

設計はわずかな控えが品質を決める、貼り箱、化粧箱、パッケージデザイン
設計はわずかな控えが品質を決める、貼り箱、化粧箱、パッケージデザイン

設計で考えると、私なら短辺を「0.5mm」くらいは控えるところ。
そのわずか「0.5mm」控えるかどうかで、クオリティーがかなり変わります。
今までのAppleデザインの感覚からすると、「?」っていう感じです。

何かしら、理由があるのかもしれないですけど。
ちょっと、残念な感じもしますね〜。

以上、MacbookProのパッケージ(貼り箱)をみたファーストインプレッションでした。

<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

設計はわずかな控えが品質を決める、貼り箱、化粧箱、パッケージデザイン
設計はわずかな控えが品質を決める、貼り箱、化粧箱、パッケージデザイン

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
単なる装飾的な付加価値ではありません。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)