必要ではないが欲しくなるもの

公開日:2020年05月04日(月)20:56|貼り箱

必要ではないという価値

私たちの生活では、「生活のために必要だから買うのもの」と「必要ではないが欲しくなるもの」があります。

日常の生活必需品であるトイレットペーパーやゴミ袋などは、別に欲しくて購入しているわけではありません。ないと困るので買っています。

これらは別に「欲しい」わけではないので、どれを選ぶかは価格だったりそのときにあるものだったりします。
そして、必要なくなったら処分されます。

それに対して、必要ではないが欲しくなるもの。
例えば、腕時計は「時間を知る」という機能でいえば、ホームセンターで@1,000円くらいのものも売っています。

時間を知るだけなら、これでも十分です。
今ならかなりの人がスマートフォンを持っているので、腕時計すら必要がありません。

必要ではないが欲しくなるもの、商品パッケージ、貼り箱、化粧箱、欲しい、価値

ところが腕時計を好きなら、数十万円や数百万円もするものをいくつも持っている人がいます。その究極は、機械式時計の最高峰「トゥールビヨン」です。

トゥールビヨンとは、メーカーのブランド名ではなく時計の複雑機構のひとつの呼び名です。
時間精度でいえば、現在のクォーツ時計だと実用的な時間誤差はほとんどなく、どんなに精度の高い機械式時計でもクォーツ式には絶対勝てません。

時間精度だと、間違いなくクォーツ式の圧勝です。

しかし柱時計と違い人が腕につける時計は、縦になったり横になったり時計自体の姿勢が一定ではないため、中のゼンマイなどの機構にかかる重力が変化し刻む時間に誤差が生じます。

それを機械的に、姿勢差を解消するための機構がトゥールビヨンです。
発明されたのは、今から200年くらい前です。

機能的なことでいうとクォーツ式で十分なものを、わざわざ機械式(しかも精度ではクォーツに劣る)でつくられた腕時計。

しかもこのトゥールビヨン、数百の部品を熟練の時計職人が時間をかけて丁寧に組み立てます。そして価格は、1,000万円をくだりません。

一般庶民に買える代物ではないですが、腕時計好きならぜひ身につけたい逸品。
究極の「必要ではないが欲しくなるもの」といえますが、まさに夢とロマンですよね。

職人やメーカーは誇りをもって腕時計をつくりますし、購入する人間も欲しくて欲しくてたまらなくて手に入れます。

これらは、価格が安いとか高いとかは関係ありません。
どんなに高価でも、「欲しい」から何としてでも手に入れたくなるのです。

こういうモノづくりって、してみたくないですか?

商品パッケージ、貼り箱も同じ。
同じモノづくりをするなら「しかたなく買うもの」ではなく、人に「欲しい」と思ってもらえるものをつくっていきたいですね。

<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

必要ではないが欲しくなるもの、商品パッケージ、貼り箱、化粧箱、欲しい、価値

必要ではないが欲しくなるもの、商品パッケージ、貼り箱、化粧箱、欲しい、価値

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
 モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
 パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
 単なる装飾的な付加価値ではありません。

意思を運ぶ箱。貼り箱以上。村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)