言葉でデザインするパッケージ

公開日:2020年05月06日(水)19:56|デザイン

一般に「デザイン」というと見た目、つまりスタイリング(外側のスタイル)と思われがちです。
もちろんそれもデザインの一つですが、ものごとの意味や考え方をコンセプトとして言葉、つまり言語化することもデザインと言えます。

言葉でデザインするパッケージ、化粧箱、貼り箱、貼箱、紙箱、マーケティング、ブランド価値、コンセプト

このコンセプトがしっかりと言語化しているからこそ、商品や企業の基本的な概念が決まります。

人はみな、自分の考えや思いが自分の頭の中にはあるのですが、きちんと言語化されていません。
そのコンセプトを言葉にすることで、誰がみてもその思いや概念を客観的に理解し感じることが出来ます。

そう。言語化することがとても大切です。
誰がみても、わかるように。

自分たちは一体何者で、何のために存在しているのか?

それがはっきりとわかれば、自分たちの進むべき方向はもちろん、お客様からみて「この会社は、何をする会社なのか?」「顧客に何を届けようとしているのか?」が可視化されます。

「言葉」でデザイン出来ていれば、それを見える「カタチ」にすることが出来るのです。

言葉でデザインするパッケージ、化粧箱、貼り箱、貼箱、紙箱、マーケティング、ブランド価値、コンセプト

例えば、以前弊社でデザインさせていただいたソフトウェアのパッケージ、貼り箱があります。

その商品のコンセプトは、「上質感」。
業務用の企業セキュリティーのソフトウェアでした。

企業セキュリティーに関してとても信頼性のある商品で、単純に「高級感」とはちょっとニュアンスが違います。高級感よりも、もっと「上質」なものじゃないかという意味合いから、このコンセプトになりました。

このコンセプトから、貼り箱のパッケージデザインを企画しました。
パッと見の豪華さではなく、できる限りシンプルで美しく、紙の素材感と色を活かしたデザインです。

ご依頼いただいたデザイン会社様、そしてクライアントのメーカー様にも大変好評でした。
ブランド価値を可視化し、そして何より売上げアップにも多いにつながりました。

言葉でデザインするパッケージ。
あなたも、思いを言葉にしてみませんか?

コンセプトを見出す力が、商品の本質を捉えた提案につながる
https://www.hakoya.biz/blog/haribako/item_967.html

“上質感”がコンセプト、シンプルで美しいソフトウェアパッケージ(貼り箱)
https://www.hakoya.biz/item/equipment/item_803.html

言葉でデザインするパッケージ、化粧箱、貼り箱、貼箱、紙箱、マーケティング、ブランド価値、コンセプト
言葉でデザインするパッケージ、化粧箱、貼り箱、貼箱、紙箱、マーケティング、ブランド価値、コンセプト
言葉でデザインするパッケージ、化粧箱、貼り箱、貼箱、紙箱、マーケティング、ブランド価値、コンセプト
言葉でデザインするパッケージ、化粧箱、貼り箱、貼箱、紙箱、マーケティング、ブランド価値、コンセプト

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
単なる装飾的な付加価値ではありません。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)