新しい紙、厚みの選択の決め手はどう仕上げたいか。

公開日:2019年01月24日(木)11:24|貼り箱

加工特性や仕上がり具合は、実際につくってみる。

トーンF(tone-f)という新しい紙。お客様のリクエストがあったので、サンプルを作りました。色は「CG1」、トーンFの中では一番白い紙です。
無彩色ながら紙表面は質感のある豊かな表情をしていて、紙としてはコシのある堅さがあります。
連量は四六判60kg、90kg、160kgの3種類。そのうち貼り箱に使えるのは、60kgか90kgの2つです。
ただ一般的なファンシーペーパーの同じ連量に比べて堅さがあるので60kgでもいいかと思いますが、ちょっと薄い気もします。やはり、テスト貼りをしないと何ともいえません。

そこで、この2種類を試しに貼ってみました。
ポイントは2つ。貼り加工と仕上がりの具合です。
加工しにくいのも難しいですし、最終的な仕上がりがどうなのかも気になるところ。

貼箱の完成写真(上:60kg、下:90kg)でいうと、60kgだとやはりちょっと薄めのため、天面の四辺の角部分は、ちょっとエッジが立ちすぎます。
これはあくまでもサンプル製作なのでキレイですが、この45度の斜め部分の中は空洞なので、本生産だと押さえ加減で凹む場合があります。

90kgだと硬さがあるのでここまでエッジが立ちにくく、角はもう少し柔らかい感じになるでしょうか。ただし本生産だと数量をつくるとなると個体差も出ますし、数が多いと90kgの硬さはかなりの手間がかかると思います。
あとは、側面の「フラップに紙が重なる部分」は、紙が薄いほど下地が透けるので少し目立ちます。
微妙な違いと言えば、微妙です……。

選択の決め手は、どう仕上げたいか。

どちらの厚みも一長一短があるので、どちらがいいかは箱屋としても判断が難しいですね。
エッジを際立てたいなら60kg、ただし角部分が凹むかもというリスクも。少し柔らかい感じの方がよければ90kgでしょうか。こちらは、費用的に少しアップするでしょう。

最終的に、この貼り箱を「どう仕上げたいか」が選択の決め手になるんだと思います.......。

新しい紙、厚みの選択の決め手はどう仕上げたいか。貼り箱
新しい紙、厚みの選択の決め手はどう仕上げたいか。貼り箱
新しい紙、厚みの選択の決め手はどう仕上げたいか。貼り箱
新しい紙、厚みの選択の決め手はどう仕上げたいか。貼り箱
新しい紙、厚みの選択の決め手はどう仕上げたいか。貼り箱

★ブランド価値を高めるパッケージ。オリジナル貼り箱企画製造★

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼箱について、企画、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいということでも結構ですので、お気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠

営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)