貼り箱を通して、ブランディング・プロデュース!!

公開日:2019年01月25日(金)16:29|ブランディング

パッケージ(貼り箱)は、ブランディングの重要なツール。

独立クリエイターの「超」プロデュース力アップ講座
企業の課題解決を多方面からブランディングする!
https://www.mebic.com/event/7020.html

昨夜、第1〜7回の座学の受講がついに終了しました。
プロデュース力アップ講座の一期生ですが、出来が悪いせいでもう何度も受講し直しています。

今回は、「超」がついた新バージョン。その名の通り、特に「企業の課題解決を多方面からブランディングする!」というところは、企業ブランディングの幅の広さと重要性を改めて感じました。

パッケージにとどまらないプロデュース力


私はクリエイターではないですが、ものづくり屋としてその部分(一部でも)を貼り箱を通してお客様のお手伝いができればといつも考えています。
もちろん座学を聞いただけで自分がお客様のブランディングが出来るかは別の話ですが、今後に活かしていきたいと思います。
講座を開いて頂いた、メビック扇町に感謝です......!!

「超」プロデュース力アップ講座
第1回 :これからの時代に必要なプロデュース力とは?
第2回 :クライアントとの出会いで伝えるべき事、引き出すべき課題の本質を見極める!
第3回 :クライアント課題を解決する軸となるコンセプトを開発する!
第4回 :コンセプトをぶれさせずに課題解決へのプランを設計する!
第5回 :クライアント課題を多方面から解決するプランへと拡大させる!
第6回 :リスクを回避し、プロジェクトを確実に前進させるディレクションで仕切る!
第7回 :クライアント、スタッフから信頼されるためのお金マネジメント!

座学の最終日、打ち上げの様子です。
20190124.jpg

★ブランド価値を高めるパッケージ。オリジナル貼り箱企画製造★

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼り箱について、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠

営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30