マーケティングから、プロダクト・パッケージデザインへ

公開日:2019年05月06日(月)13:39|デザイン

プロダクトデザインではマーケティング部門との連携が重要

先日放送されていたテレビ番組で、イタリアを代表する家電メーカー「デロンギ」のプロダクト・デザイナーのことが語られていました。

同社のフレンチェスカさんはデロンギのシニアデザイナーとして、デロンギ社の製品デザインを統括し、トレンドスペシャリストでもあります。

デロンギ社はオイルヒーターなど暖房機器を中心としたメーカーでしたが、現在は電気ケトルなどのキッチン家電やエスプレッソマシンなどコーヒーメーカーが世界的に有名です。
それら製品群のプロダクト・デザインを統括するフレンチェスカさんは、機能性と美しさを追求し続けるデザイナー。
同社にはモノ作りの文化に加えて、美しさの文化がある。
社内のデザイナーがデザインして、製品化の研究所も社内にある。デロンギの製品はまずデザインが美しく、その上で機能的にも優れてるものでなければなりません。
人々の生活スタイルに適したデザインを追求することで顧客を刺激し続けるためなのです。
製品の発案は、マーケティング担当者との自由なアイデア交換や情報の共有から始まる。
この打ち合わせからまずはムードボードを作り、ターゲットの市場の情報をベースにしながら開発する製品のカスタマーモデルを設定します。

プロダクトデザインの出発点は、ターゲットとする市場の需要や傾向を精密に分析するトレンドリサーチから。

人々にとって新しく、かつ有用なプロダクトとは何か?
そのような顧客の視点に立ったアイデアを組み合わせ、具体的なデザインとしてスケッチしていきます。
手間と時間、トライ&エラーを積み重ねてデザインが生み出されます。

また新しく生み出されるドリップコーヒーマシンでは、職人的なモノ作りが伝えるクオリティへのこだわりを、ヴェネツィアと深いつながりを持つ、この地域の文化的伝統として、ガラス製品のプロダクトに反映させました。

デロンギのモノづくりは、シンプルなデザインと創造性、マーケティングの組み合わせが素晴らしいですね。

製品をつくる上でのデザインそのものは大切ですが、特に製品(プロダクト)デザインではマーケティング部門との連携は重要です。そこには市場のトレンドも見つつ、自社の目指すデザインとの絶妙なバランスが、デロンギの生み出す製品群の素晴らしさだといえるでしょう。

マーケティング、商品企画、パッケージデザインは、本来同時進行

商品パッケージも、同じことがいえます。よくあるのが、商品企画も価格設定、発売日もすべて出来上がり、一番最後にパッケージとして貼り箱のご相談をいただくケースです。
すべての企画が出来上がっているので、パッケージにとっての選択肢は殆ど限られています。大きいのはその予算。もちろん余裕があればいいですが現実的には低い場合が多く、「そのご予算では無理です」ということもしばしばあります。
求める理想は高く、予算は低い!!……です。

商品を包むパッケージは、機能としての包装資材というだけではありません。
商品、そしてそのブランドの価値を顧客に伝え、高めるためにはマーケティング、商品企画・開発、パッケージデザイン・製作は、本来同時進行していくことが必要であり、何より現実的に上手く進みます。

それらをトータルで考えて、商品箱・パッケージはつくっていただきたいです。

パッケージは商品の“顔”。 商品の企画開発段階から関わる意義
https://www.hakoya.biz/blog/haribako/item_974.html
マーケティングから、プロダクト・パッケージデザインへ

<貼り箱士のブログ>  https://www.hakoya.biz/blog/
<目的から作例を探す> https://www.hakoya.biz/item/
<作例を写真で探す>  http://www.hakoya.biz/item/gallery.html
<お問い合わせ>    https://www.hakoya.biz/inquiry/

IMG_44670.jpg
IMG_44600.jpg
IMG_44660.jpg
IMG_44620.jpg
IMG_44710.jpg
IMG_44740.jpg

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
 モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
「包む」から、新しい「価値」を作る会社です。

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)