製品パッケージの視点を変えると意味が変わる

公開日:2024年05月03日(金)ブランディング

視点を変える

視点を変えるということ

何事も同じ目線ではなく、視点を変えることで見え方が変わります。

例えば、「日本の常識は世界の非常識」と言われます。私は二十代のときに、カナダのバンクーバーに約1年半ほど暮らしたことがあります。海外旅行に行ったこともなく、初めての海外でいきなり住んでしましたした。

右も左もわからず英語もしゃべれず大変でしたが、人には恵まれてカナダ人の友人もたくさんできました。そこでまさに、「日本の常識は世界の非常識」を実体験しました。日本と西洋では価値観が違うというか、文化そのものが全く違います。

すべてにおいて、視点が違うのです。

これは、「業界」においても同じことが言えます。
同じ業界の中にいるとその中では同じ価値観や考え方ですが、他からみると「何それ?」と思われるかもしれません。

先日、ある雑誌から「箱」についての取材を受けました。
ある企業の商品パッケージについて、話を聞かせてくださいというものでした。

とあるメーカーの商品パッケージは、化粧箱ですが一般的なパッケージとは全く違う視点/概念から作られています。普通のメーカーでは、考えられないくらいの予算を費やしてデザイン、製作されています。
そこには、そのブランドの強い「意思」を感じます。

パッケージデザインはブランドイメージを売っている

視点が変わると意味が変わる

実はパッケージ/パッケージデザインは、中身の商品だけでなく、ブランドイメージを売っています。視点を変えることで、同じパッケージでも全く意味が変わるのです。
おもしろいですね。視点を変えることはどんな分野においてもとても重要なことで、製品パッケージも同じことが言えます。

パッケージ/化粧箱に限らず、製造業は基本的にスペック重視です。それが当たり前です。
弊社の場合、化粧箱としてのハードだけでなく、そこにソフトの概念を持ち込みました。

意思を運ぶ箱。

中身の商品の保護や流通だけでなく、企業ブランドの思い/意思を運ぶ箱という商品パッケージです。ブランドの意思を運ぶ。できる限りシンプルで美しい箱。
その箱を手にしたとき、ブランドイメージを伝えられる、感じられるパッケージです。

常に様々な視点を持てるように、柔らかい頭を持っていたいと思います。

<お問い合わせ>は、こちらのページへ。
<目的から作例を探す>は、こちらのページへ。
<作例を写真で探す>は、こちらのページへ。
<クリエイターズネットワーク>は、こちらのページへ。

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

商品パッケージ、パッケージデザイン、お悩みやご要望はこれではありませんか


<関連記事>


意思を運ぶ箱

素敵な商品を前に、パッケージに悩んでいらしゃるお客様へ

同じ思いで、ご相談いただいた事例がここにたくさんあります。<作品ギャラリー>もご覧になってください。化粧箱は売上にとって大切な存在なのです。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。

担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)