価値提供とマーケット感覚

公開日:2020年10月12日(月)16:05|貼り箱

何故、ドラマはリアルタイムでみられないのか?

最近のテレビドラマは、視聴率が取れないと言われて久しいです。

ドラマがなぜ取れないかというと、仕事や家事で放送時間にリアルタイムで観れないというのもあり、最近はみんなHDDレコーダーで録画しておいてあとでゆっくりと観ることが多くなっています。

価値提供とマーケット感覚、化粧箱、パッケージ、貼り箱

録画して観たものは、視聴率には反映されません。
あくまでも、放送時にリアルタイムで観られた数字が視聴率です。

しかし先日、かなり話題になったドラマ「半沢直樹」は40%超えの視聴率をマーク。

これは録画してみるんじゃなく、「リアルタイムでみたい(早くみたい)」と思わせるコンテンツだったということです。

つまり、リアルタイムで見ることに価値があった。
それだけの「価値提供」があれば、視聴率が取れる=売れるということです。

ドラマに限らず、私たちが取り扱う商品(弊社なら化粧箱である「貼り箱」)も同じ。
どんなに安くても、買おうと思わないものは買いません。当然です。

逆にすごく高価なものでも、「絶対に欲しい」に思ってもらえれば買ってもらえます。

価値提供とマーケット感覚、化粧箱、パッケージ、貼り箱

例えば、今売れている機械式の高級腕時計。

パテックフィリップ
フランクミュラー
オーデマ・ピゲ
ロレックス
ブレゲ
......などなど。

数え上げるとキリがないですが、これら高級腕時計はほとんどが欧州ブランドで、安いものでも数十万円から100万円オーバー。
トゥールビヨン(姿勢差による重力の影響を抑える機械構造)なら、1,000万円以上が当たり前です。

時計は、「時を知る」ためのものです。
今や腕時計は、ホームセンターにいけば1,000円くらいでも買うことが出来ます。
もっといえば時計でなくても、スマートホンがあれば時間は知ることが出来ます。

しかし1,000円でも買える時計を、1,000万円以上出しても購入するセレブがいくらでもいます。
もちろんそのレベルになると、誰でも買えるわけではありませんが、それだけの金額を出しても欲しいと思わせる「価値」があるということです。

モノづくりにおいては、素晴らしい商品を作れば売れるというのはもう過去のお話。
というか、歴史上そんな時代があった。というレベルです。

価値提供とマーケット感覚、化粧箱、パッケージ、貼り箱

価値に気づく能力が大切

これからは、
その商品に価値があるのか?
あるとしたら、それはどんな価値か?
その価値をちゃんと評価してくれるのは誰なのか?

を、見極めねばなりません。
そういう、マーケット感覚が必要。

貼り箱も同じです。
貼り箱のスペックではなく、誰にとって貼り箱が価値があるのか?
それは、どんな価値なのか。

きれいな化粧箱なら、他にいくらでも選択肢があります。
安いものだって、沢山あります。

その中で村上紙器工業所が企画・製造する貼り箱を選んでいただく、お客さまへの価値提供をしていく必要があります。

村上紙器工業所の作った貼り箱に、商品を入れると〜

・いかにも高級にみえる
・ブランドの「らしさ」を表現できる
・このパッケージに入っていると思わず手にとってしまう
・大切な人やお世話になった人に贈りたくなる

私たちはこういうパッケージ、化粧箱を、貼り箱としてつくっていきます。
いつでも、あなたからのご相談をお待ちしてます。

<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

価値提供とマーケット感覚、化粧箱、パッケージ、貼り箱
価値提供とマーケット感覚、化粧箱、パッケージ、貼り箱

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
単なる装飾的な付加価値ではありません。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)