ハードだけでなくソフトを組み合わせたパッケージ

公開日:2019年11月08日(金)10:10|貼り箱

独自化しないとお客様からは選ばれない

昨日は、同志社大学商学部の准教授と学生さん6名が弊社工場へ来社されました。春の展示会で声をかけていただいて、紙器業界の動向について話をお聞きしたいと......。

価格競争が激しい業界で、他社とどう差別化しているかなどの質問につて、お話をさせていただきました。
ゼミの研究生で珍しく、紙器(パッケージ)業界の研究をしているとか。
当初は「他社より優れた製品をつくっているのですか?」などの質問がありましたが、「ウチは製造業ですが、ハードよりもソフトが売りです。」と彼らにとっては予想外の答えに驚いていたようです。

差別化と差異化の違い

差別化とは、価格(安い、高い)とか納期(早い、遅い)など同じ軸線上での差。
ではなくて差異化、もしくは独自化(他社とは全く違うベクトル)をしないとウチのような零細町工場は残れないと。

私たちのミッションは顧客価値と貼り箱を提供すること

今の時代、貼り箱というモノだけを売っていてはダメです。ウチは貼り箱というモノを通して、お客様のブランド価値を高めるという「顧客価値(コト)」を売ってるんです。マーケティングやブランディングも含めた貼箱の価値です。と話しました。
ハード(貼り箱)だけでなく、ソフト(顧客価値)を組み合わせたパッケージ、化粧箱を創造していく仕事です。

時間があまりなかったので深いお話はできませんでしたが、先生も含めて興味深く聞いていただきました。さて、どんなレポートになるんでしょうか?! 楽しみです。

お土産にいただいたのは、「五感」のお菓子。ちょうどウチは変形の箱は作ってませんと話してたところ、五角形の貼り箱になってました〜。

IMG_6058.jpg

<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
 モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
 パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
 単なる装飾的な付加価値ではありません。

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

06-6653-1225

貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)