長年の経験知が距離を越える。遠方からのご依頼にも対応。

公開日:2018年08月05日(日)17:30|貼り箱

弊社には、遠方からの相談・依頼も多くあります。直接お会いできなくても、メールなどのコミュニケーションツールがあれば、長年積み上げてきた経験知と勘、これまでの数々の事例から、お客様が期待される貼り箱をつくる自信があります。

遠方からの受注については、関東をはじめ、日本各地からいただくことがあります。弊社には貼箱や紙などの素材サンプルがたくさんあり、現物を見ながら話ができるので、クライアントさんが遠くからお越しになることも珍しくありません。一方で、一度もお会いせずにメールや電話でコミュニケーションをとりながら完成させる場合もあります。オーストラリアからご相談いただいたこちらの案件も、その一つ。現地でいろいろパッケージを探されたそうですが、ピンとくるものがなかったとのことでした。

まず、インターネット電話で話をしながら、内容を細かくお聞きしました。ご要望は、プリザーブドフラワーを入れるための、シンプルで上質感のある貼り箱がほしいというもの。まさに弊社が得意とするところです。ぜひお応えしたいと感じ、メールやインターネット電話などで連絡を取り合いながら、これまでの弊社が手がけた事例などを参考に、素材や形状、箔押しの色使いなどを決めていきました。

仕上がった貼り箱は、チャコール色の紙にプラチナ金の箔押しをあしらったもの。サンプルが届いた時、「とっても素敵。大満足です!」と喜んでいただきました。

メールやインターネット電話などのコミュニケーション手段、そして弊社が積んできた経験知。その2方向からのアプローチで、遠方からのご注文であっても、期待に応える貼箱をつくる自信が、私たちにはあります。

プリザーブドフラワーボックスの貼り箱
https://www.hakoya.biz/item/cosme-accessory/item_920.html


★ブランド価値を高めるパッケージ。オリジナル貼り箱企画製造★

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼り箱について、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠

営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30