コンセプトを見出す力が、商品の本質を捉えた提案につながる

公開日:2018年08月10日(金)17:18|貼り箱

弊社には、和洋菓子などの食品から、特別なギフト商品やアート作品などの高額品まで、広範囲な分野・業種のクライアント様からパッケージ制作のご依頼があります。多くの場合、ご依頼時のイメージは漠然としていて、具体的ではありません。それを感じ取ってカタチにすることが、私たちの仕事です。

パッケージのご要望で多いのは、「高級感のある貼り箱」というものです。「高級感」というと、広いイメージがあります。豪華で派手なものも高級感があると言えます。一方で、落ち着いたシックなデザインも高級感だと言えます。では「上質感」という言葉はどうでしょう?「豪華で派手」なものをイメージされますか?なんとなく「落ち着いたシックなイメージ」、「重厚感のあるモダンなデザイン」を想像しませんか?

ここでご紹介するのは「上質感」というコンセプトに合う貼り箱をつくれないかと、デザイン会社さんからのご相談をいただいた案件です。クライアント様が老舗のソフトウェアメーカーということで、パッケージは「質のよさ」を感じさせるものにしたいという依頼でした。デザイン会社さんは、まず従来から取引しているパッケージ会社に依頼されました。けれど、思うような案が出なかったということで、弊社にご相談いただきました。キーワードは「上質感」。その意味するところをうまく捉えられるかどうか。そこがポイントだったようです。同じような案件を多く手がけていないと、感覚的に捉えにくいかもしれませんね。

話をお聞きして、そのコンセプトの本質的なものが理解できた私は、すぐに貼り箱のイメージが頭に浮かびました。普段弊社でつくっている貼り箱が、そのクライアント様の求める「上質感」に近いものだったのかもしれません。この案件は、コンペだったのですが、みごとに受注。クライアント様も、納得のデザインだったようです。

この事例の詳細は、下記ページをご覧ください。

“上質感”がコンセプトの、シンプルで美しいソフトウェアパッケージ(貼り箱)
https://www.hakoya.biz/item/equipment/item_803.html

コンセプトを見出す力。 商品の本質を捉えて提案する “上質感”がコンセプトの、シンプルで美しいソフトウェアパッケージ、貼り箱
コンセプトを見出す力。 商品の本質を捉えて提案する “上質感”がコンセプトの、シンプルで美しいソフトウェアパッケージ、貼り箱

★ブランド価値を高めるパッケージ。オリジナル貼り箱企画製造★

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼り箱について、ちょっと電話で話を聞いてみたいという時はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠

営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30