パッケージ(貼り箱)はコスト効率か、ブランド価値のあるデザインか?

公開日:2018年10月20日(土)17:14|貼り箱

コストではなく、大切なのはパッケージが持つ価値

ほとんどの企業は、商品パッケージ、化粧箱はコスト効率を考えます。単なる「包装資材」と考えるからです。もちろん、それも正解です。特に数量が出るものになればなるほど、それは顕著です。

しかし、アップルの故スティーブ・ジョブズは違いました。コスト優先のパッケージとその数倍かかる優れたデザインのパッケージでは、コストよりも優れたデザインを選びました。

その膨大な費用を考えると周りは反対しましたが、ジョブズは「パッケージは広告のようなもので、アップルのブランドを象徴する存在。予算が足りないなら、広告費から持って来ればいい。」と考えました。
ジョブズ、ナイスです!!

その意味で、iPhoneのパッケージ(貼り箱)は典型的な存在です。
パッケージはコストではなく、ブランドへの投資です。

パッケージの良し悪しが商品の売り上げに直結することも事実で、弊社でいうとこれはパッケージを変えて売り上げが数億円アップした事例。

コンセプトを見出す力が、商品の本質を捉えた提案につながる
https://www.hakoya.biz/blog/haribako/item_967.html

Lanscope1000.jpg

<貼り箱士のブログ>  https://www.hakoya.biz/blog/
<目的から作例を探す> https://www.hakoya.biz/item/
<作例を写真で探す>  http://www.hakoya.biz/item/gallery.html
<お問い合わせ>    https://www.hakoya.biz/inquiry/

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
 モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
「包む」から、新しい「価値」を作る会社です。

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

  • 06-6653-1225

貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)