新型コロナ後を見据えたパッケージ(貼り箱)

公開日:2020年04月27日(月)12:08|貼り箱

新型コロナの影響は、まだしばらくは続きそうです。
今はじっと我慢のときですが、来る「新型コロナ後」を見据えたパッケージを考える必要があります。

新型コロナ後は、人の価値観が変わる。と言われています。
商品やサービスの対価を払うのに慎重になるでしょうし、購入することを今よりもためらうかもしれません。
それらを提供する企業は、かなり考えなければなりません。

現在と同じ商品、サービでいいのか?
また、その伝え方は今までと同じでいいのか?

新型コロナ後を見据えたパッケージ、貼り箱、化粧箱、紙箱、ファンのためのモノづくり

以前書いたブログをみていて、こんな記事を見つけました。
リーマン・ショック後に書いた記事です。

ファンのための「モノづくり」。
パッケージ(貼り箱)も同じです。
肝に命じておかないといけないですね。

<消費者ではなく、ユーザーのためにパッケージを作る>

(中の数字などは、当時のものです。)

2008年秋に起こった金融危機を発端とした「世界不況」の中、フェラーリの2008年・世界販売台数は、6,587台と過去最高だったとか。経常利益は、前年比27%増の約390億円とこちらも最高記録。

それに対して、トヨタ自動車はダイハツなどを含めたグループ全体で世界販売は約900万台。トヨタ単体では、約800万台を販売したにも関わらず、約4,500億円の赤字に転落。

この差は、一体何なのでしょう?

以前、私の知り合いのプロダクト・デザイナーが、こんな話をしてくれました。
例えば、フォルックスワーゲンの「ゴルフ」、誕生してから約35年が経ちますがどの時代のモノを見ても一目で「ゴルフ」だとわかる。

一方、世界一販売台数の多い「カローラ」って車があります。
こちらは誕生して40年以上経ちますが、その時代によって「スタイル(デザイン)」が全く違う。
下手をすると、エンブレムを外すとどこのメーカーの車かさえもわからないと。

彼曰く、トヨタは「消費者」を見て、「ユーザー」を見ていないと.......。

最初この話を聞いても、彼の言うことがよく理解できませんでした。
「消費者」、「ユーザー」......一緒と違うの? と、素朴な疑問。

彼が、言いました。
「消費者」とは、商品(製品)を消費してくれる人。
つまり、企業にとって儲けさせてくれる人のことで、「ユーザー」とはその商品のファンになってくれる人のことだと。

ん〜〜〜、なるほど!
奥が深い!!

我々、モノづくりをしている人間(企業)は、自分達のファンを作り、そのファンのために、自社の製品を作らなければならないということです。

2009年、フェラーリは新型車『カリフォルニア』(V8・4.3L、430ps/7500rpm、7速デュアルクラッチで、0-100km/hを4秒以下で走ると言われています。)の販売を開始しますが、来年(2010年)分まで既に予約が埋まっている状態です。

つまり、どんなに欲しくてもこの車を買おうとすると、2年は待たなくてはなりません。
2,000万円以上、目の前に現金を積んでも、すぐには買えないものがあるのです。

パッケージ(貼り箱)も同じ。
ファンのための「モノづくり」を目指したいです。

<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

新型コロナ後を見据えたパッケージ、貼り箱、化粧箱、紙箱、ファンのためのモノづくり
新型コロナ後を見据えたパッケージ、貼り箱、化粧箱、紙箱、ファンのためのモノづくり
新型コロナ後を見据えたパッケージ、貼り箱、化粧箱、紙箱、ファンのためのモノづくり

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
単なる装飾的な付加価値ではありません。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)