ブランドをデザインするパッケージ

公開日:2019年12月05日(木)14:00|ブランディング

先日お聞きした、前田育男氏(マツダ株式会社常務執行役員)が考えるマツダのデザイン哲学。
それは「魂動デザイン」をもとに自動車だけではなく、ブランドそのものをデザインします。

ブランドを表現すると、それが車だとフロントの顔は家紋みたいなもの。
欧州の大手メーカーでは、どれも同じ顔を持っています。
まさにその顔が、ブランドを象徴しています。

ブランドをデザインするパッケージ、貼り箱、化粧箱

パッケージが「ブランドらしさ」を物語る

商品パッケージにもある意味、同じことが言えます。
ジャケ買いならぬ「パケ買い」という言葉があるくらい、顧客が商品を購入するときに大きな影響があるパッケージ。

パッケージ・化粧箱がそのブランドのイメージ、つまり「ブランドらしさ」を物語ります。
商品パッケージは、ブランドをデザインしたものといってもいいかもしれません。
そのくらい、顧客のブランドに対するイメージを象徴した存在なのです。

弊社でつくる貼り箱は、奇をてらったものではありません。
できるだけシンプルで、美しいデザインを志しています。

凛とした佇まい、素材感を活かした艶のあるデザイン。
そんな貼り箱がブランドとしての背景、ストーリーとして、商品を包むものであって欲しいと考えています。

パッケージは商品の“顔”。
商品の企画開発段階から関わる意義
https://www.hakoya.biz/blog/haribako/item_974.html

<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

ブランドをデザインするパッケージ、貼り箱、化粧箱
ブランドをデザインするパッケージ、貼り箱、化粧箱
ブランドをデザインするパッケージ、貼り箱、化粧箱

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
 モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
 パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
 単なる装飾的な付加価値ではありません。

意思を運ぶ箱。貼り箱以上。村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

06-6653-1225

貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)