昔と現代では寸法精度が全く違う貼り箱

公開日:2019年09月07日(土)16:18|貼り箱

今では考えられない竹製の物差しで測っていた貼り箱

貼り箱屋でも今では中々お目にかかれないですが、昔は竹製の曲尺(かねじゃく)を使っていました。

私の世代(50代)では使うことはないですが、私の父親の世代では曲尺が普通に使われていたようです。もちろん、貼り箱屋さんにもよると思います。
昔、私の父は寸法は「尺」でやっていて、お客様によっては「1尺2寸5分の箱、お願い」という注文もあったようです。

1尺(しゃく)は約303mm、1寸(すん)は約30.3mm、1分(ぶ)は約3.03mm。
現代の「ミリメートル」にすると、正確ではありません。

昔と現代では寸法精度が全く違う貼り箱

最小単位の一目盛り(1分)でも約3mmなので、今でいう「1mm」や「0.5mm」などは表せません。
昔の父の寸法帳(貼り箱の寸法を記録してあるノート)には、「3寸7分強」とか「2寸4分弱」とか書いてありました。
父に尋ねると「3寸7分より、ちょっと大きめや」とか言ってました。

毎回作るたびに、微妙に箱の大きさが違う。
昔は箱のサイズも、こんなんでよかったんでしょうね。
古きよき時代というか、特にクレームになることもなかった。

現代においては、当然こんなことはありません。
すべてミリメートルが単位ですし、トムソン木型(ボール紙の抜き型)をつくるときは、「1/10mm(0.1mm)」や「1/20mm(0.05mm)」単位で寸法指定をします。

貼り箱では、このくらいの微妙な調整をしながら寸法を決めていきます。
といっても現場で20年以上の経験がある我々でも、実際には本生産(量産)をしてみないと寸法出しについてはわかりません。

昔と現代では寸法精度が全く違う貼り箱

例えば、フタの合口(あいくち)。
かぶせフタで開け閉めするときの固さは、ミ(下箱)の外寸とフタの内寸の差を何ミリにするかで決まります。

ただしその寸法差(例えば2mm)が同じでも、フタの深さやミとフタに貼る紙によって変わって来ます。フタが深いと合口(ミとフタの隙間)を広めに取らないといけないですし、紙の厚さや表面の質感によって開け閉めのしやすさが変わります。

貼る紙によって微妙に厚み(約0.1〜0.15mmくらい)が違いますし、滑りやすい紙(パール紙とか)とザラついた紙ではこすれるときの摩擦抵抗の違いで、フタの開けやすさ閉めやすさが変わります。

先日設計した貼り箱(長方形)の合い口は、短い辺を「1mm」、長い辺を「1.25mm」にしました。箱のサイズやフタの深さ、貼る紙から「この寸法でいこう」と現場担当とも相談して決めました。

実際に量産しましたが、まあまあ予想した感じの合い口でした。
弊社は職人による手仕事なので量産の場合、個体差が出ます。

合い口「固め」は特に難しく、設計の段階で「ここを0.1mm伸ばすかどうか?」で気をもみます。
量産の前にサンプルは必ずつくるのですが、サンプルと量産品は微妙に違うため、本生産でのわずかな寸法を決めるのは毎回の悩みどころです。

「2寸4分弱」と言ってた時代とは大違いですが、それだけ貼り箱は精度が求められるパッケージなのです。

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
 モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
 パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
 単なる装飾的な付加価値ではありません。

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

06-6653-1225

貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)