“色気”や“艶”....感性に響くパッケージ、貼り箱とは?

公開日:2016年12月01日(木)04:25|デザイン

人の感性に響く商品パッケージで、ブランド価値を高める。

〜スポーツカーメーカー「フェラーリ」を例に〜

普段、私たちが生活する中で認識するもののうち、言葉として表現できるものは約5%だといわれています。残りの約95パーセントは、感覚や感性のみで認識しているため、論理的に言葉で説明できないそうです。これを「非言語領域」と呼びます。

近年のビジネスでは、「非言語領域」への訴求が大切であるといわれ、従来の「言語領域」への訴求のみでは顧客を獲得・維持することは難しい時代であるといわれています。

それは一体どういうことなのでしょう?
イタリアの高級スポーツカー「フェラーリ」のビジネスを、例に考えてみたいと思います。
フェラーリとはご存知の通り、世界有数の自動車メーカーの一つです。そのフェラーリは年間約9,000台しか生産しないそうです(2018年)。トヨタの年間生産台数が約1,000万台(同年)であるのに対し、1/1000以下の生産量です。

新車を注文すると、通常の市販車でも約半年から1年くらいの待つのは当たりまえ、限定車に至っては数年待ち。おまけに、住まいを一軒買えそうな車体価格(一番安い新車で二千数百万円、限定車は一億円を超えるものも)。それにもかかわらず、ニーズが絶えないのは、顧客に「欲しい」と思わせるだけの魅力、つまりブランド価値があるということです。

ブランド価値とはなんでしょうか?

たとえば日本車は、コスト・パフォーマンス面では世界一だと言っても過言ではありません。性能や品質の評価も高く、万一故障しても短期間で修理ができるように造られています。しかし人が商品を選ぶとき、性能や品質だけを考えて選ぶわけではありません。
フェラーリを求める人は、その独特のボディーデザインやカラーリング、車体が放つ“色気”や“艶”を手に入れたいのです。それによる “運転時のワクワク感”を購入するのです。

“色気”や“艶”、“運転時のワクワク感”。
それは、これ以上言葉で表現することができない感覚で、客観的に言語化や数値化ができません。これこそが「非言語領域」であり、これからのビジネスに必要なことだとされています。
人の感覚や感性に訴求すること......。
私たちのいう「感性品質」とは、性能や効率だけでなく、“心地よい”、“温もりがある”など、デザインや素材感などによる「感性に響く品質」をいいます。

ブランドコンセプトをきちっと伝えられるデザイン

それは、パッケージとしての貼り箱のサーフェイス(表面)を構成する「COLOR(色)、MATERIAL(素材)、FINISH(仕上げ)」の3つの要素(CMF)によって美しく、どことなく色気、艶っぽさを感じさせることで商品イメージを感覚的に伝え、そしてその素材感が “感性価値" として、やさしさ、あたたかさ、上質感など貼り箱、紙箱を手にした方にとって感動すら覚え、商品イメージを "感性" に訴えかけるのです。

私たちは貼り箱(化粧箱)で、そんな美しさや、ワクワク感を届けたい。
そんな魅力ある「貼り箱」を創造していきたいと考えています。

<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

人の感性に響く商品パッケージで、ブランド価値を高める、貼り箱、化粧箱、紙箱
人の感性に響く商品パッケージで、ブランド価値を高める、貼り箱、化粧箱、紙箱
人の感性に響く商品パッケージで、ブランド価値を高める、貼り箱、化粧箱、紙箱

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
 モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
 パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
 単なる装飾的な付加価値ではありません。

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

06-6653-1225

貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)