字遊を楽しむ・デザイン書道

公開日:2009年08月12日(水)18:41|デザイン

先日、牧野博泰さんによる「字遊を楽しむ・デザイン書道」という、ワークショップに行って来ました。

「美しい文字」「きれいな書体」はひとつの表現方法。このワークショップでは、従来の書道の基本的なルールを取払い、個性的で「味のある字」を字遊(自由)に表現する、「デザイン書道」という分野です。

書道教室ではなく、「美しい文字」というより、たとえば左手で書いてみたり書き順を変えてみたりしながら、味のあるおもしろい文字を書いてみましょう・・・との趣向です。

筆を持って「書道」をすること自体、久しぶりでした。
私も小中学校の数年間は一応「書道」を習っていました。

「筆文字」の基礎は、ある程度わかっているつもりですが、今回はその常識をいっさい取り払い、「字遊(自由)を楽しむ」という興味深い内容でした。
最初は、文字を崩すことがなかなか出来ませんでしたが、「常識にとらわれない」を自分なりにやってみると、これがなかなかオモシロイ!

縦横の線の強弱やかすれ具合、文字そのもののバランスを極端に崩してみると、今まで見たことのない「字」になってきます。
もちろん、プロのようにはいきませんが、自分なりに「字遊を楽しむ」ことが出来ました。

牧野さん、楽しいひと時を有り難うございました。



講師:牧野博泰氏 プロフィール
1990年、ヴィジュアル計画 マーレ設立。
グラフィックデザイン全般に加え、ロゴ・マーク、カリグラフ制作に力を入れており、企業・店舗・ブランドロゴマークや、書籍雑誌等タイトルロゴなどを手がけています。
NPO法人日本タイポグラフィ協会会員
日本デザイン書道作家協会会員
ヴィジュアル計画 マーレ http://visual-mare.com/



デザイン書道デザイン書道
デザイン書道デザイン書道
デザイン書道デザイン書道
デザイン書道デザイン書道
デザイン書道デザイン書道
デザイン書道デザイン書道
デザイン書道デザイン書道
デザイン書道デザイン書道

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
 モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
 パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
 単なる装飾的な付加価値ではありません。

村上紙器工業所

<貼り箱 × ブランディング × 体験デザイン>
ブランドは、そのイメージや感じ方をコントロールすること。
シンプルで美しく、お洒落なオーダーメイド貼り箱を通して
商品や企業が本来持っている思い、そしてブランドとしての
「〜らしさ」をメッセージとして伝えます。

手間をかけることは「愛情」をかけること。
「愛情」をかけることが私たちの仕事です。

貼り箱にとっての感性品質とは、性能や効率だけではなく
心地よい、官能的、温もりがある、などデザインや素材感を活かし
人の “感性” に直接響く「魅力的品質」をいいます。

そんな “ゾクゾクするほどの美しさ” や “ワクワク感” のある貼り箱を
私たちは作っていきたいと考えています。

コメント

makino|2009年08月17日(月) 17:02

お疲れさまです。
先日のWSでは、ありがとうございました。
みなさん、とても上手で、やりにくかったですわ。(笑

そうかー、村上さんも書道をやっておられたんですね。
↑の作品が、とても良かったのも、納得です。
味のある、とてもいい感じでした。

「このクリ」では、
この書を箱にできれば、と思っています。
ご協力のほど、よろしくお願いします。

hakoya@村上|2009年08月17日(月) 17:30

makinoさん

ホントに、楽しかったです!
また、やってください(笑)。必ず、参加しますよ!!

「このクリ」では、この書を箱にできれば、と思っています。

いいですね。
いい貼箱になるはずです。
面白いことを、どんどんやりましょう。

06-6653-1225

貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)