今だからこそ、化粧箱を真剣に考えませんか?

公開日:2020年04月12日(日)16:29|貼り箱

他社とは違った売り方をしたい

ご存知のように、世間では新型コロナウイルスが猛威を奮っています。

飲食やホテル、観光業にとどまらず、今後は物販などにもかなりの影響が出てくることが予想されます。
みなさん、心配をされていることでしょう。

マーケティングの4P、Product(商品)Price(価格)Place(流通)Promotion(販売促進)、外見(商品パッケージ、化粧箱)は一番外側にある中身、情緒的(感性的)価値、ブランド価値

そんなときにも関わらず、最近はパッケージについてのご相談が多く寄せられています。
そう。こんな不安定なときだからこそ、「他社とは違った売り方をしたい」というご要望です。

いろいろな業界からですが、食品や生花、農産物、革製品から建築資材など。
みなさん、不安と危機感の強い現れではないかと思われます。

商品そのものがいいものなのは今では当たり前ですが、それだけで売れる訳ではありません。

・何を売るのか?
・いくらで売るのか?
・どこで売るのか?
・どうやって知らせるのか?

これらは、マーケティングの4P「Product(商品)・Price(価格)・Place(流通)・Promotion(販売促進)」と言われます。

マーケティングの4P、Product(商品)Price(価格)Place(流通)Promotion(販売促進)、外見(商品パッケージ、化粧箱)は一番外側にある中身、情緒的(感性的)価値、ブランド価値

パッケージデザインはマーケティングの重要な要素

そしてもう一つ大切なのは商品の販売において、外見(商品パッケージ、化粧箱)はいちばん外側にある中身と言われます。

つまり、商品パッケージ(パッケージデザイン)は、マーケティングの重要な要素の一つです。
実際同じ商品でも、パッケージをリニューアルしたら、売上が上がったという事例は世の中にたくさん存在します。

みなさんもよくご存知な例だと、パッケージのリニューアルで爆発的なヒットになった「明治 ザ・チョコレート」などは典型的です。

弊社でもある商品ですが、やはり今まで使っていた貼り箱のリニューアル案件で、弊社でデザイン・製作した貼り箱に変えて、売上が数億円アップした商品があります。

そのくらい商品パッケージ・化粧箱は、ブランドの世界観を表現する大きな要素です。
単なる、「機能的価値」としての包装資材ではありません。

それにプラスして、パッケージが持つ「情緒的(感性的)価値」をまとわせることで、ブランド価値が生まれます。

ブランドが持つ意味やストーリーが大切

ちょっと見かけがカッコよくなるだけではない、ブランドが持つ意味やストーリーを感じさせる存在になるのです。
パッケージはただの「コスト」ではなく、ブランディングのための「投資」なんです。

こんな今だからこそ、あなたも貼り箱を使ったブランドの世界観を創ってみませんか?


<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

マーケティングの4P、Product(商品)Price(価格)Place(流通)Promotion(販売促進)、外見(商品パッケージ、化粧箱)は一番外側にある中身、情緒的(感性的)価値、ブランド価値
マーケティングの4P、Product(商品)Price(価格)Place(流通)Promotion(販売促進)、外見(商品パッケージ、化粧箱)は一番外側にある中身、情緒的(感性的)価値、ブランド価値
sマーケティングの4P、Product(商品)Price(価格)Place(流通)Promotion(販売促進))、外見(商品パッケージ、化粧箱)は一番外側にある中身、情緒的(感性的)価値、ブランド価値

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
単なる装飾的な付加価値ではありません。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)