化粧箱を独自の視点で再構築する

公開日:2020年12月22日(火)19:35|ブランディング

商品の化粧箱/パッケージは本来、包装資材として「コスト」とみられます。

コストとは、商品の生産にかかる費用。
「コストを切り詰める」「コストカットする」「コストがかかり過ぎる」などなど、大体は「コスト=悪いもの」のイメージです。

化粧箱を独自の視点で再構築、貼り箱、化粧箱、ブランド価値

企業において商品を売るのに化粧箱/パッケージは必要ですし、この良し悪しが「商品イメージ」を決めるといってもいいくらいです。
本来、とても大切なはずなのですが、何故か「コストだから低く抑えたい」意識が働きます。

一度、化粧箱/パッケージを再構築してみてはいかがでしょうか。

ひとつの例ですが、有名になった乃が美などの高級「生」食パン。
住宅用でも食されますが、ギフトにも需要があります。

昔の感覚だと、食パンがギフトになるなんて考えられませんでした。
それが今では立派な高級ギフトの仲間入りで、もらって嬉しい商品です。

食パンは一つの例ですが、今までの視点を再構築することで違ったものが見えてきます。

最近、Eコマース(EC:電子商取引)特にD2C(Direct to Consumer)で顕著ですが、商品が届いて段ボール箱を開けた瞬間、化粧箱/パッケージが素敵だとテンションが上がります。
そして、その瞬間がブランドイメージに直結します。

先日、貼り箱の相談に来られた方が言われてました。
「化粧箱を目にしてそれを開けた瞬間が大事。パッケージにお金がかかっても、いいものであれば販売価格を上げられる」と。

まさに、その通りです。

コスト削減ではなく、投資だと考えて化粧箱/パッケージを使ってもらえると、それは御社にとってのブランド価値(資産)になります。

あなたのパッケージの価値、独自の視点で再構築してみませんか?


<貼り箱士のブログ>はこちらのページへ
<目的から作例を探す>はこちらのページへ
<作例を写真で探す>はこちらのページへ
<お問い合わせ>はこちらのページへ

(まずは、ちょっと電話で聞いてみたい時は 06-6653-1225 担当:村上 誠 まで)

化粧箱を独自の視点で再構築、貼り箱、化粧箱、ブランド価値
化粧箱を独自の視点で再構築、貼り箱、化粧箱、ブランド価値化粧箱を独自の視点で再構築、貼り箱、化粧箱、ブランド価値

★ 人の心を動かすパッケージ。オリジナル貼り箱、化粧箱企画製造 ★
モノを包むんじゃない。価値を包むんだ。
パッケージは単なる外装ではなく、一番外側にある中身を表すもの。
単なる装飾的な付加価値ではありません。

06-6653-1225

<パッケージはブランドの世界観をつくる>
貼り箱、化粧箱、ギフトボックスについて、企画、製作、提案のご相談からちょっと電話で話を聞いてみたいという方はお気軽にご連絡ください。
担当:村上 誠
営業日:月〜金曜日(休日:土日祝日)
営業時間:9:00〜17:30(昼休みは除く)